2010年02月15日

TBS青木裕子アナ 爆弾発言!「私、また不倫しているんですよ」

フジテレビの中野美奈子アナやフリーキャスターの小林麻央が年末に結婚を発表するなど、ここ最近おめでたい話題が続出している女子アナ界。

ところが、TBSの"元祖"お騒がせアナ・青木裕子は、再び不倫恋愛に走っているという情報が浮上している。

改めて青木の恋愛足跡を振り返ってみると、そのトラブルの数に驚く。

当初はミス慶應、元タレントの肩書きを引っ下げてTBSに入社した正統派アナだったはずが、入社一年目には『サンデー・ジャポン』の33歳男性スタッフとの「不倫同棲」が発覚。

写真週刊誌がキャッチしたものだったが、その後も妻子ある男性と堂々と歩き、自分の部屋の合鍵を渡しているという何とも大胆な内容だった。

まだド新人だったにもかかわらず、皮肉にもこの不倫騒動で一気に有名アナに。しかも、この騒動で完全にイロモノアナのイメージがついてしまったのだ。(以下引用)
しかし、これで終わらないのが青木の青木たる所以。その後も続々と"下半身スキャンダル"を連発。やっと不倫騒動のほとぼりが冷めたわずか1年半後には年下ADとの同棲が発覚してしまった。

しかもタンデムに2人乗りする姿を撮られるなど、相変わらず無防備なところを見せつける始末。そして極めつけはその翌年の退社騒動で、何とその年下ADとは別のテレビディレクターとの不倫が原因で、TBSを退社すると報じられたのだ。ただ、このときは結果的には退社せず、この不倫は"ガセ"との噂も流れた。

「このとき青木が退社を考えたのは本当です。ただ、このディレクターの不倫は多くのマスコミにリークされた情報で、本当かどうかは定かではなかった」(当時取材した記者)

それから約1年半。じつはこのディレクターとの不倫が復活したのではないか、という情報が流れているという。しかも、またまたこの情報が持たらされているのがTBS内部からだというのだ。

「最近の青木は『サンジャポ』内のスタッフからも完全に呆れられているんですよ。というのも、スタッフたちに本人から"私、また不倫しているんですよ"と宣言しちゃってるそうなんですから。おそらく、相手はもちろん前の年下ADではなく、前に噂になったディレクターのようです」(TBSスタッフ)

かつて噂になったデイレターというのは「当時、『さんまのからくリテレビ』を担当していた30代のイケメンディレクターです。もちろん妻子もいて、当時は週刊誌の取材にも笑って否定していたんですが…」(他のTBS関係者)

こうなると、また週刊誌上をにぎわすのは時間の問題という気もするが…。ただ青木の問題は、決して不倫だけではないというのは、前出のTBS関係者。

「とにかく精神的に不安定なんですよ。もともとメンタルが強い子じゃないんですが、特に最近はひどい。番組中もボーっとしていたり、話を聞いてなかったり…もう心ここにあらずといった感じで、スタッフみんなが"青木は終わった"と言ってますね」[引用元:BUBKA より]

結婚願望が強いという青木アナ。それでも不倫だけはやめたほうがいいと周囲が警告してあげるべきでは…。


posted by スティービー at 21:36
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。