2010年03月29日

真鍋かをりに脱税疑惑!?月給は420万円だった

前所属事務所「アヴァンギャルド」の牧野昌哉社長が脱税容疑で逮捕、さらに事務所への契約解除を求め、東京地裁に訴訟を起こしていた眞鍋かをり(28)だが、なんと脱税疑惑が発覚した。

事務所の脱税容疑の時は、自宅マンションを家宅捜索された彼女。そのことについて、「迷惑をかけられた」「もう関わりたくない」と口にしていた彼女だったが、自身が同じ不正を働いていたことになる。

内容はこうだ。眞鍋が給与の一部を、母が社長を務めるマナベ電子工業に業務委託料として支払うことを事務所に依頼。この委託料は広告などが名目で、事実上は実態を伴わない契約だが、3年間にわたって支払いが続けられ、意図的に取得額を低くしていたというのだ。

また、眞鍋が指示する仕事を行わなかったとして、所属事務所側が近く損害賠償請求を起こすという。両者の争いは、泥沼になりつつある。
(以下引用)
所属事務所は毎年、年俸制で給与を決め、月割で支給しているが、09年の眞鍋の“月給”は420万円。うち180万円が母の会社に振り込まれた。

問題は、その金が「業務委託料」として支払われていた点。契約書では「広告、宣伝に関する企画、立案業務」など3項目を委託していることになっているが、マナベ電子工業は主に電子部品を扱う会社で、“架空取引”の疑いがある。

アヴィラ側は「不自然な金の流れであることは認識していた」としたが、事務所の看板タレントの1人である眞鍋の意向ということで、支払いを続けていたという。

さらに、現在も専属契約が残っていながら独自にテレビ出演し、また事務所側の仕事をキャンセルしていることから、損害賠償請求を起こすことを検討している。CM出演なども含め、損害額は数億円にも上るという。[引用元:ニュース報知 より]

この情報を流したのが、実は事務所サイドの人間で、真鍋への"報復"とのウワサも…。
posted by スティービー at 12:44