2010年06月03日

綾瀬はるか デビュー当時の仰天秘話!「枕営業」で悲惨な目に!?

これまで大きな熱愛スキャンダルのなかった綾瀬はるか(25)に、ついに本命が現れたと業界が色めき立っている。

5月7日に放送された「おはよう朝日です」で、芸能リポーターの井上公造が「ある人気俳優と人気女優が極秘交際している」と明かしたことが発端。ヒントは「ドラマ『JIN-仁-』で共演していた2人」とのことから、綾瀬と大沢たかお(42)に間違いないと見られているようだ。

撮影の合間に、2人はよく楽しそうに話をしていたことを目撃されているが、ただの共演者にしてはやけに親しすぎていて、現場にいた共演者スタッフからは周知の仲だったという。

そんな綾瀬だが、芸能界にデビューしたのは00年、「第25回ホリプロスカウトキャラバン」で審査員特別賞を受賞したのがキッカケ。

デビュー当初はせいぜい深夜番組に呼ばれる程度のB級アイドル扱いで、水着グラビアなどの仕事をこなし、自慢の巨乳がこぼれ落ちそうになるほど小さなビキニを着せられる事も少なくなかった。つまり完全な"使い捨て"タレントだったのだ。

転機となったのは、ドラマ「世界の中心で愛をさけぶ」への出演。700人を超える女優、タレントが集まったそのオーディションでヒロイン役を獲得した綾瀬。B級アイドルが主役を獲得するなど前代未聞と、当時の関係者は口を揃えるが、これには"裏取引"の存在がやはり根強い。(以下引用)
「今でこそ、女優としての地位を確立しているが、オーディション答辞は明らかに実力が未知数。そもそも、スカウトキャラバンの特別賞というのは、女優としては売り出せないが、セクシー要因としては使えそう…、そんな人材に与えるのが通例なんです。グラドルまがいの綾瀬が、話題作のヒロイン役を射止めるというのは、あまりに不自然に思えますね」(芸能プロ関係者)

売れないグラドルが、自らの肉体を武器にのし上がるというのは、いまだに芸能界ではよく聞かれる話。綾瀬にもまた、その疑惑が持ち上がってくるのだ。

「枕営業があったとしても不思議じゃないですね。キャスティングの事情を知っている芸能関係者なら、当時の綾瀬をヒロインに抜擢するなんて暴挙としか思えませんよ」[引用元:週刊実話タブー より]

綾瀬は恋愛に慎重と言われていますが、それもB級アイドル時代に散々、悲惨な体験をしてきたからともっぱら。これまで数々のイケメン共演者とウワサになりながらも、決して深い仲にならなかったことも納得。

でも、それだけに大沢との関係が発覚した意味は大きいのかも。
posted by スティービー at 12:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。