2011年07月28日

前田敦子 バッシングが止まらない!ドラマ低視聴率に「化けの皮が剥がれた」

AKB48免許証 桜の木になろう【前田敦子】
国民的アイドルグループとまで言われるようになったAKB48にあって、"絶対的エース"と呼ばれ、先の人気投票「選抜総選挙」で1位に返り咲いた前田敦子(20)。

7月23日、西武ドームで行われたライブでは、熱中症により過呼吸となってダウン。なんとかその場はプロ根性で乗り切ったが、殺人的スケジュールを極める彼女には心配の声が挙がっている。

ところがその一方で、バッシングもまた激しくなってきているという。⇒ Ranking


主演ドラマの視聴率が低迷していることが影響し、演技が下手、顔が「ダウンタウン」の浜田にそっくり、「しょせんはAKB48オタクにウケているだけ」など悪口も多い。

なぜこうしたバッシングが過熱しているのだろうか。

(以下引用)
「イケパラ」低視聴率が格好の餌食に、前田が主演を務め、鳴り物入りで7月から始まったフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」の視聴率が振るわない。

初回の視聴率はビデオリサーチ調べで関東地区が10.1%。同時間帯に放送されていた「マルモのおきて」の最終回が23.9%だっただけに「惨敗」などと評された。2話は6.0%。3話は7.9%だった。

3話で持ち直したかに見えるが、直前放送の「27時間テレビ」が20%近い視聴率だったことから、牽引効果でもっと高い視聴率でもよかったとする専門家もいる。

ネットではこの視聴率から、「化けの皮が剥がれた」などと厳しい評価を下す人が多く出て、前田に対するバッシングが巻き起こっている。


<関連商品紹介>
【前田敦子 大人な下着姿で悩殺!人気写真集 ⇒ ATSUKO
【前田敦子 ハワイで水着!キワどい内容が話題に 写真集⇒ あっちゃん
【AKB48登場!20代女性の好奇心に応える雑誌⇒ an・an (アン・アン) 2010年 8/25号 [雑誌]



実は、前田に対する誹謗中傷は以前からあり、それはアンチ「AKB48」が「AKB48の絶対的エース」と呼ばれている前田をあえて標的にしている、という図式が垣間見えた。ただし、ここに至ってのバッシングはそれだけはないようだ。

主演ドラマ「イケメン☆パラダイス」の低視聴率は格好の餌食になっていて「しょせんAKBオタクにしか通用しない前田」
などといった批判の書き込みがネット上に氾濫している。

現在のバッシングのきっかけになったのは10年9月に行われた「じゃんけん選抜」の記者会見を含め、度々「握手会」を休むようになったこと。もちろん体調不良が原因なのだが、ファンを裏切る行為ではないかと問題になり、「仮病だった」「美容院に行った」などとデマが流れた。また、10年11月以降にブログの更新が何度か滞り「さぼっているのではないか」と騒がれた。

ファンの間からも「ソロ活動を重視してAKBをないがしろにするつもりではないか」といった声も出ていた。

それでもブログには1万6000もの応援コメントバッシングが大きく盛り上がったのは11年7月10日放送のTBS系「情熱大陸」。前田を2ヵ月間密着したドキュメンタリー番組だったが、密着したカメラにブチ切れたとし、性格の悪さが露呈した、などと騒ぎになった。

前田の公式ブログは7月に入って更新が滞り、昨年の7月は182回更新していたのに、今年7月は26日までに12回。このところは1週間に1回のペース。しかも出演番組を宣伝する1行ほどしか書いていない。ネットでは、バッシングが加熱している影響でびびっているのではないか、といったうがった見方も出ている。[引用元:J−CAST より]

以下、前田さんの顔が凄過ぎて「放送事故レベル」とネット上では話題になっている。

前田敦子 放送事故レベル画像1⇒ geinoranking
前田敦子 放送事故レベル画像2⇒ geinoranking
前田敦子 放送事故レベル画像3⇒ gazouranking


それでも週1回ペースで更新されているブログのコメント欄には、ファン達による1万6000もの応援コメントが付いており、その人気の高さを窺い知ることができる。

視聴率が悪くてバッシングされるのは仕方がないが、ただの悪口はやめるべき。

前田敦子セクシー画像こちら

「AKB総選挙」業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 12:54