2013年01月26日

竹内結子と宮崎あおいが「レズ濡れ場」で共演!その衝撃的な中身が明らかに

竹内結子オフィシャルカレンダー 2012.4.1→2013.3.31 ([カレンダー])
今年の日本映画は、近年稀に見る官能作品に席巻される。

中でも注目を集めているのが今夏、クランクイン予定の映画『秘密の恋』。ヒロインには竹内結子(32)と宮崎あおい(27)という豪華Wキャストが有力候補に挙がっている。その衝撃の濡れ場を一部公開してみよう。 → ranking

〈私は罪を犯した…。夫を裏切ったばかりか、自分の快楽のみを追求し、大切な人を死に至らしめたのです。物語は園子(宮崎あおい)が新婦に罪を告白し、懺悔するという形式で始まる。

幸せな結婚生活を送っているはずの園子だが、何か満たされない日常に苛立ちを募らせていく。そんな時に夫の考太郎(西島秀俊)の勧めもあって学生時代にかじった絵画の勉強をする為に美術学校に入学する。

園子の担任講師となったのがバツイチで、どこか陰のある光子(竹内結子)だった。やがて園子は光子に対しただならぬ想いを秘めていることに気が付く。彼女の匂いや指、髪の毛の全てが愛おしくエロティックで、他人に知られぬよう封印してきたはずのあの耽美(たんび) で甘酸っぱい誘惑と例えようのない快感が体の芯を貫いていることに園子はただ驚悟する…〉


<関連商品紹介>
【竹内結子 マル秘フォト公開⇒【送料無料】たびぼん [ 竹内結子 ]
【竹内結子 テレビ版も話題に⇒【送料無料】ストロベリーナイト【Blu-ray】 [ 竹内結子 ]
【竹内結子 大胆過ぎるセミヌードの濡れ場⇒【送料無料】ワルシャワの秋 [ 竹内結子 ]


(以下引用)
映画は1928年に発表された谷崎潤一郎の小説「卍」をベースに新たな物語が構築されている。

メガホンを取るのは、沢尻エリカを脱がせた雌川実花監督。

物語は光子を巡り三角関係に陥る園子と考太郎の姿が描かれる。着目すべきは園子と光子が激しく求め合うレズシーン。光子に会う度に秘めている想いを隠そうとする園子は授業中に白昼夢を見る。 → ranking

〈糸を引くようなディープキスをした後に園子は光子のなすがまま手足を縛られ、目隠しされる。光子は用意していたバイブレーターを使い園子を犯す。

光子「君は僕をずっ−とイヤラシイ目で見ていたね。何をして欲しい。どこを責めて欲しい。さあ言ってごらん」

普段、上品な言葉しか使わない光子が野卑な男言葉を使い命令口調で言葉を発せられる度に、園子は全身が性感帯になってしまったような錯覚に捉われる。

園子「あなたが憎い〜。あなたの一部になりたい」

こう懇願する園子の声をかき消すかのようにバイブレーターのモーター音が室内にこだまする。端ぎ声が段々と高くなる園子。ふと気が付くと自分を責めているのは光子ではなく夫の孝太郎だった。夢から覚めた園子は我に返る…〉[引用元:週刊実話 より]

宮崎は既にレズシーンを経験済み
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

竹内結子 セクシー画像こちら

竹内結子 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 18:56