2013年01月29日

酒井法子 ヘア写真集のギャラ1億2000万!ついにオファーを受諾か

酒井法子隠された素顔
覚せい剤事件の執行猶予が明けた昨年末に舞台『碧空の狂詩曲〜お市の方外伝』で女優復帰した酒井法子(41)にまたまた災難がふりかかった。 → ranking

同舞台公演中の12月8日福岡県警粕屋署に恐喝容疑で実弟・吉原健容疑者が逮捕。さらに年が明けた1月9日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で再逮捕されたのだ。

「実弟の影が付きまとう限り、映画やドラマをやりたくてもスポンサーはつきませんよ。舞台後の仕事の話も具体化していません。いかに酒井の復帰が業界から歓迎されていないかを物語っています。

そんな状況で実弟の逮捕。とくに再逮捕は覚せい剤使用だからどうしても酒井にもうがった目がむけられます」(夕刊紙記者)


<関連商品紹介>
【酒井法子 転落、逮捕、孤独…全てを告白⇒【送料無料】酒井法子 孤独なうさぎ
【酒井法子 報道されない逮捕の舞台裏⇒【送料無料】酒井法子隠された素顔
【酒井法子 16歳当時のムチムチ顔⇒(テレカ)酒井法子 SUN MUSIC17


(以下引用)
実弟の再逮捕容疑は、昨年12月上旬から同18日までの間に覚せい剤を使用した疑い。その間、もし酒井となんらかの連絡をとっていれば、無関係でもさらにイメージは悪くなる。

酒井は、前所属事務所『サンミュージック』時代の担当マネジャーが経営する事務所に移籍し再スタートを切った。

その前から中国での復帰を画策していたのが、某芸能プロのK氏。

「一昨年、酒井が中国の麻薬撲滅キャンペーンの”禁毒大使”に指名されて北京入りしたときに日本の代理人を務めた人物です。中国と日本の芸能界のパイプ役といわれている『アンダーゼット・グループ』の周帆代表に依頼され動いたんです。チンギス・ハーンの半生を描いた日中合作映画で復帰させる予定だったんですが、尖閣諸島を巡る問題で日中関係が悪化。映画製作は暗礁に乗り上げたんです」(前出・夕刊紙記者) → ranking

しかし、中国での酒井の人気は依然根強い。8日には、北京で開催された大手ポータルサイトが主催した『ファッション・アワード2012』に出席。『アジア・ファッション優秀女優賞』を受賞した。

中国での映画製作も再び持ち上がっているようだが、実弟の再逮捕で先行きは不透明。注目なのは以前から出ては消え、消えては出るへア写真集出版。「四十路の酒井のエロさはハンパではありません。

舞台関係者、マスコミ陣がクラクラ悩殺されたほどです。もう脱ぐしかありません。いま彼女にはヘア写真集のオファーが殺到。最低でも30万部、ギャラ1億円2000万円の値が付くはず」(写真集プロデューサー)[引用元:週刊実話 より]

酒井法子の実弟、吉原容疑者の写真
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ geinoranking
画像3⇒ gazouranking

酒井法子 セクシー画像こちら

酒井法子 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 20:05