2013年02月08日

長澤まさみ 糸を引くようなディープキス!台湾俳優が興奮して股間を擦りつける

IQUEEN VOL.11 長澤まさみ SPECIAL EDITION (PLUP SERIES)
1月末、都内で行われた「VoCE ビューティー・アウォーズ」の授賞式に出席。特別賞の「ベスト・ビューティー・オブ・ザ・イヤー』を受賞した長澤まさみ(25)。 → ranking

女性誌『VoCE』が、美容業界に話題や影響を与えた著名人や、優秀な化粧品を顕彰するもの。長澤はミニのドレスで登場し、持ち前の美脚を惜しげもなく披露。昨年末、台湾でドラマを収録していたという長澤は、「湿気が多く肌に良かった。前よりキレイになったかも」と語った。

美しさの秘訣については、「お風呂に浸かり、メイクを落とすなど、基本的な事をきちんとすること。お酒を湯船に入れることもある。より身体が温まります。10年後もキレイだねって言ってもらえる女性になりたいです」と笑顔で答えた。

”日本酒入り入浴法”を広めたのは藤原紀香。紀香の場合、入浴後バスローブだけ羽織ってマンションのベランダに立ち、クールダウンするのが”お決まり”だそうだが、長澤もそれをマネて、しばらくの間ノーパンノーブラ状態でいることまで暴露した。

一昨年公開の映画『モテキ』(東宝)でFカップ美巨乳をTシャツの上からワシづかみされたうえ、ディープキスまで披露するなど、路線変更が功を奏した長澤。先の台湾ドラマ「ショコラ」では、過激なディープキスまで披露しているのだ。


<関連商品紹介>
【長澤まさみ 19歳から21歳まで大胆セクシーショット⇒ 長澤まさみsmart
【長澤まさみ 16の夏の鮮烈ラスト水着写真集。⇒Summertime blue
【長澤まさみ 彼女のプライベート、水着姿…⇒Me


(以下引用)
「原作は窪之内英策が手がけた小学館の人気コミック。物語は、女子高校生のヒロインが亡き母の駆け落ち相手でケーキ店を営む元ヤクザ組長の家に転がり込む。同居する元組長の子分で、出所したばかりの元ヤクザとの恋愛模様が描かれている」(出版関係者)

漫画版で女子高生だったヒロインは、台湾ドラマ版では日本で生まれ育った華僑の音大生という設定に。元ヤクザもヤクザよりマフィアに近いとされる台湾ヤクザから足を洗った人間に設定が変更されているという。

「見どころは、何度も出てくる糸を引くようなディープキスシーンなんですが、長澤の舌をからませてくる”キス上手”に、相手の30代の人気俳優が”本気”になってしまい、下半身を勃起させてコスリつけてきたそうです。日本では、この秋以降に見る事ができそうです」(芸能記者) → ranking

そして、もうひとつ注目されているのが3月23日公開予定の映画『ボクたちの交換日記』。

「30歳を過ぎても一向に売れないお笑いコンビを描いた映画で、長津は主人公でツッコミ役の甲本(小出恵介)をけなげに支える恋人・久美を演じています」(映画記者)

「ねえ、たまにはラブホテルに行かない?」昼は薬局、夜はキャバクラで働く久美が甲本を誘う。

「部屋に入り、まずは混浴しようと2人は服を脱いでいく。長澤の巨乳と美脚が少しずつ露わになっていくのですが、恋人のイチモツに長い茶髪がまとわりついているシーンがある。さらに、キャバクラで客からスカートの中に手を突っ込まれてアエギ声を上げてしまうシーンや、真夏に恋人と激しいワイルドなセックスをして妊娠するくだりもあるようです」[引用元:アサヒ芸能 より]

日本のドラマでは全裸濡れ場シーンも。こちらの方が過激?
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

長澤まさみ セクシー画像こちら

長澤まさみ 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 11:40