2013年03月13日

リア・ディゾンがヘアヌードで復活!日本再上陸の裏事情が明らかに

リア・ディゾン写真集 ピュアリア! (集英社ムック)
ここのところ、ローラやトリンドル玲奈など、日本の芸能界を席巻している”ハーフ美女”たちだが、あのリア・ディゾン(26)が芸能界復帰を狙っているという。 → ranking

グラビア界の黒船と呼ばれ、わずか2年ほどで日本中に一大ブームを巻き起こした伝説のアイドルだった彼女。一時は紅白出場まで果たすなど、その存在感を見せつけた。

だが08年10月、初の全国ツアー最終日に「最近、結婚しました。今、おなかに赤ちゃんがいます」「私のことポイしないでください」と中出し婚を告白。あっけなく黒船ブームは幕を閉じた。

そして09年4月に女児を出産。世田谷区内の億ションを購入し、結婚生活は順調と思われたが、11年1月に離婚。夫が経済的にリアを助けてあげなかったのが原因で、離婚成立後、すぐにアメリカに返ってしまった。

これで日本の芸能界から完全撤退と思われたリア。ところが、ニューヨークの演劇学校で勉強しつつ、日本への復帰をずっと考えていたという。事実、11年10月、大手美容外科クリニックのCMで再始動している。


<関連商品紹介>
【リア・ディゾン 衝撃ヌード⇒【送料無料】Love Paradox [ リア・ディゾン ]
【リア・ディゾン ランジェリ姿など悩殺シーンが満載⇒【送料無料】リア・ディゾン in USA FINAL
【リア・ディゾン ベッドでセミヌード⇒【送料無料】メモリア!


(以下引用)
「このCM出演を皮切りに日本での芸能活動を再開する予定でしたが、急に来日を取り止めました。理由は福島第一原発の事故。娘に対する放射能の影響を心配したようです」(テレビ局関係者)

もっとも、演劇の勉強は続けていたようで、昨年12月、自身のブログで”活動再開”を発表した。

「演劇の学校を卒業し、アメリカのエージェントと契約したというものでした。”日本からオファーがあれば活動したい”とも書いてありました」(芸能記者)

いかにも”アメリカ最優先”の上から目線対応だが、現実にはリアの活動できるところは日本しかない。

「考えても見れば、日本で色のついたタレントを、アメリカがメーンで起用するはずがありません。これからアメリカで頑張るといっても、せいぜい4〜5番手。脇がいいところです。日本で活躍してからの”逆輸入”だったら、可能性は十分にありますけどね」(演劇関係者)

そのあたりの”事情”はリア本人もよく理解しているようだ。 → ranking

「実は、去年のハロウィン(10月31日)の頃、久しぶりに日本へやって来て、娘と1週間ほど過ごしました。本音は、日本の芸能界で仕事がしたいんです」(芸能レポーター)

もちろん、かつてのリアとは違って”大人の対応”もできるようになった。

「アラサー・グラビアだってやるし、”絡み”もやる。ヘアヌード、ソフトAVだってやる覚悟でいる。これからも娘を養育しなくてはいけないので、ギャラのいいものは全てやるつもりでいるようです」(写真誌関係者)

そうした背景があるからか、ネット上には謎のヌードが氾濫している。

「米国でモデルをやっていた頃のものや、アイコラまでさまざまです。中にはAVのようなパロディー調の映像も流れています」(芸能ライター)[引用元:週刊実話 より]

衝撃ヌード
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

リア・ディゾン セクシー画像こちら

リア・ディゾン 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 12:00