2013年03月19日

NHK朝ドラヒロインが全裸濡れ場!業界関係者も騒然

連続テレビ小説 わかば 総集編 [DVD]
04年のNHK朝の連続テレビ小説「わかば」に主演して話題をさらった女優・原田夏希(28)が、映画最新作で全裸になり、汗だくの濡れ場を披露している。

清純派イメージの彼女が挑んだ映画が「極道の妻たち Neo」だ。 → ranking

あのヒットシリーズの8ねんぶりの最新作で、岩下志麻、三田佳子、十朱幸代、高島礼子という歴代の大物に続く5代目”極妻”には黒谷友香が抜擢され、一方、原田は適役の悪辣な”極妻”を演じており、これまでのイメージを完全に裏切っている。

関係者の間では「これがあの原田か」と目を疑う程の変身っぷりだという。


<関連商品紹介>
【原田夏希 セクシーショット連発⇒【送料無料】原田夏希 [ 野村誠一 ]
【原田夏希 正統派美少女の貴重な水着姿⇒【送料無料】Vega! [ 野村誠一 ]
【原田夏希 話題になったあのシーンが⇒【送料無料】連続テレビ小説::わかば 総集編 [ 原田夏希 ]


(以下引用)
なるほど、原田は”あざみ”という名前にふさわしい激しい気性の”極妻”を今回演じている。毒々しいメーク、鋭い眼光、凄みの効いた声、派手な和服、手にした煙管で男を容赦なくどつく…そして、妖しく蠢く蛇の刺青を背負った筋金入りの”極妻”ぶりだ。

相手組長(長嶋一茂)に殺され、その復讐のためなら手段を選ばない炎の女・あざみ。ちなみに仇の組長の恋女房を演じるのは主演の黒谷友香である。

恨みのドスを抱いて、亡き情人を想い、ベッドで身悶える原田。そのドスの鞘でオナニーしかねないほどの凄みを感じる。
やがてありし日の情人との激しい獣のようなセックスが蘇る。 → ranking

逼しい背中の刺青が躍動する情人にのしかかられ、正常位で激しく突かれ「ああ〜ん」とあらわな艶声をあげ、端ぎまくる。やがて体位が対面座位、騎乗位になるころには、自然な流れとして、胸をさらけ出し悶える。2匹の雄牝は、くんずほぐれつ上に下に攻守ところを変え、相手を貪る。

すでにエレクトしている原田の乳首、火照る乳輪は意外と小ぶりでつつましいが、さぞ感度の良さをうかがわせる工口さだ。Cカップの原田のスレンダー美乳が激しい律動と愛撫にわななき、のけぞるあたり、生唾を呑み込むほどの”絶景”といえる。

果ては「ああっ、アナタのためなら何でもする…。命も惜しくないっ」と叫び、忘我の境地に達する原田の絶頂演技は迫真の一語だ。[引用元:週刊実話 より]

アイドル時代の水着姿
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

原田夏希 セクシー画像こちら

原田夏希 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 12:00