2013年05月26日

NHK大河で綾瀬はるかのFカップ入浴シーン!満を持しての巨乳解禁へ

原色 綾瀬はるか
綾瀬はるかが主演を務めるNHK大河ドラマ「八重の桜」の視聴率が、早くも最低視聴率を記録した前作「平清盛』の水準にまで落ち込んでしまっているという。 → ranking

「スタートこそ『平清盛』の最終回を2倍以上も上回る、21%台をたたき出し、”視聴率クイーン”の力を見せつけましたが、回を重ねるごとに数字を下げや4月はじめには、11%台にまで急降下。このまま10%を切るようなことがあれば、これまで積み上げてきたキャリアに大きな汚点を残すことになってしまうとの心配の声が上がっています」(ドラマ関係者)

というから由々しき事態。

だが、NHK伝統の大看板、大河ドラマが2年連続コケたとなれば、受信料の徴収にも影響が出かねないということで、NHKも本格的なテコ入れを予定しているという。

「西島秀俊の肉体美は話題になりましたが、どうやら直接、数字に結びついたわけでもないようです。となれば、次はやはり綾瀬がカラダを張るのではないかと噂されています」(前同)

確かに、綾瀬自身の最大の武器ともいえる、あの”悩殺兵器”の解禁を望んでいる視聴者は多い。


<関連商品紹介>
【綾瀬はるか 19歳当時の大胆水着ショット⇒【送料無料】Heroine
【綾瀬はるか 17歳当時ムチムチGカップ⇒【送料無料】『...揺れる17歳』綾瀬はるか
【綾瀬はるか 大沢たかおとの出会い⇒【送料無料】JIN-仁ー DVD-BOX


(以下引用)
「やはり、バストの存在をアピールする必要があるでしょう。綾瀬が本当の意味でトップ女優として認められたのは、全編を綾瀬の”おっぱい”で引っ張った映画『おっぱいバレー』が高い評価を受け、ドラマ『JIN」(TBS系)を大ヒットさせた、09年。言ってみれば、綾瀬の女優人生は、Fカップの大きな”おっぱい”が切り拓いてきたわけですから(笑)、大河だからといって、これを拒む理由はありません」(テレビ雑誌記者)

実際、NHKが考えているのは、満を持しての巨乳解禁だという。

「この数年のNHKは、濡れ場だらけのドラマを放送したり、情報番組でセックス特集を組むなど、視聴者のアンテナを意識した番組編成を堂々と展開し、その度に大きな話題を呼んでいます。ミニスカ美脚をローアングルから祇めるように見せつけるカメラワークでブレイクした山岸舞彩も、一昔前のNHKなら考えられない存在だし、その山岸のあとを引き継いだ、杉浦友紀アナも巨乳&ミニスカで奮闘中。綾瀬もこの路線での対応を求められるのは、ごく自然なことでしょう」(前同)

では、どんなシーンが用意されるのか。 → ranking

「まずは、かつて映画『プリンセストヨトミ』で見せたような激走シーンが考えられます。誰もいなくなった大阪の街を激走し、縦横無尽に揺れまくる綾瀬の巨乳ばかりを見ていた観客が、乗り物酔いのような症状を訴えたという話もあるほどですから、大河の視聴者の目を釘付けにすることは間違いありません」(映画関係者)

また、こんな案もあるという。

「『水戸黄門』の由美かおるのように、入浴シーンを毎回の定番とするというんです。実際、堀北真希主演で高視聴率となったNHK朝ドラ『梅ちゃん先生』は、堀北の入浴シーンが話題となり、視聴率がグッと安定したといいます。綾瀬の”F乳入浴”なら、間違いなく効果が見込めるのではないでしょうか」(前出・テレビ雑誌記者)[引用元:BUBKAタブー より]

綾瀬入浴シーン
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

綾瀬はるか セクシー画像こちら

綾瀬はるか 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 12:00