2013年06月11日

安藤美姫 過激Tフロント衣装で復活!まるで相撲のマワシwww

空に向かって
引退説から一転、現役続行。フィギュアスケー卜の安藤美姫(25)の今後が見ものだ。目が釘付けになりそうな”股間衣装”で勝負をかけてくるという。

安藤は12?13年シリーズを欠場。そのまま引退するものと思われていた。その背景には複数の理由が。 → ranking

「コーチが不在。彼女は前コーチのモロゾフ氏に全幅の信頼を寄せていたが、その後任が結局見つからなかった。モロゾフ氏は恋人関係でもあったため、精神的にも絶望的な状態でした」(フィギュア関係者)

さらに、安藤と日本スケート連盟との確執。

「調整のため試合を選びたいとする安藤側と、国際大会への出場基準になるポイントが問題になるので試合を選べないとする連盟…お互いの主張は平行線のまま結局、安藤は休養という形を選択。そのまま引退するとみられていたんです」(スポーツ紙記者)


<関連商品紹介>
【安藤美姫の初自伝!幼少時からの貴重な写真が満載 ⇒ 【送料無料】空に向かって
【モロゾフ氏の生い立ちや涙と感動のエピソードがいっぱい ⇒ 【送料無料】キス・アンド・クライ
【バンクーバー五輪の秘話満載、渾身のドキュメント ⇒ 【送料無料】パーフェクトプログラム


(以下引用)
しかし、彼女は6月1日、2日開催のアイスショー『アート・オン・アイス2013 in JAPAN』に突如出場した。
「ショー直前の5月末、安藤は会見で『ヤル気がある』と現役続行を宣言。コーチは発表されていませんが、競技はまだまだ続けることを明言した。ソチ五輪を目指すようです」(前出・フィギュア関係者)

さらに、驚く事態も発覚。目下、プロスケート選手・南里康晴と横浜市内のマンションで同棲中。意外な展開となった。

「ラブラブデートも写真誌に撮られているし、モロゾフ氏への思いが完全に吹っ切れたことは確か」(前出・スポーツ紙記者)

だが、引退撤回とはいえ、彼女の前途は厳しい。 → ranking

「休養のせいで強化選手を外された。ソチ五輪は全日本選手権で3位以内に入らないといけないのですが、彼女はシード権がなく地方予選から勝ち上がらなければならない。勝負勘が衰えているので相当厳しい状況です」(専門誌編集者)

もっとも、彼女には採点員を魅了する秘策もある。大胆にも”Tフロント”で競技に臨むというのだ。

相撲のまわしのように、割れ目に沿った極細のTフロント衣装を今後は着る予定。安藤はアンダーヘアが濃くて普通の衣装でも剃り痕がハミ出るのは有名な話。今後”剃毛”をもっとバッチリ見せてド肝を抜きたい意向」(業界関係者)

まるでコスプレ
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ geinoranking
画像3⇒ gazouranking

安藤美姫 セクシー画像こちら

安藤美姫 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 12:00