2013年07月02日

優香の入浴シーンがヤバい!全裸バスタオルに男性スタッフは鼻血

FRaU (フラウ) 2012年 02月号 [雑誌]
14年新春映画として公開予定の『黒執事』で初めて禁断の入浴シーン撮影に挑んだ優香(33)。三十路を迎えた彼女だが、進化するフェロモン全裸を披露した極秘撮影の一部始終を公開してみよう。 → ranking

映画は4月にクランクインし、入浴シーンは最近行われた。優香の裸体を撮るということで厳戒態勢が敷かれたが、優香本人は自身の全裸露出に臆することなく、堂々としていたという。

優香は『リアル感を出すため、前バリやニップレスなしでやりましょうか?全然いいですよ』などと半分本気で、豪快な提案をするなど、プロ意識が高い。実際、本番でも浴槽から立ちあがった際、ほんの一瞬だけピンク色のきれいな乳首と整ったへアが見えたという噂も流れたほど。

『黒執事』は枢やな原作の累計発行部数1400万部超という人気漫画の実写版作品。四世紀後半の英国を舞台に、名門伯爵家の完壁な執事が、裏では女王の命に従う悪魔の顔をもつというストーリー。

同映画は、原作から130年後のアジアを舞台にしたオリジナルストーリーとなり、主演・水嶋ヒロの3年ぶりの俳優復帰作になることでも注目を集めている。優香はは作中で、剛力彩芽演じる令嬢の叔母という重要な役を演じる。


<関連商品紹介>
【優香 19歳当時のFカップハイレグ⇒Perfume
【優香 プライベートの丸秘ショット⇒恋に唄えば
【優香 18歳の現役女子高生がここまで脱いだ⇒【送料無料】優香/be


(以下引用)
「叔母役は知的で色っぽい39歳の独身女性という設定。その雰囲気を出すため、作中でゴージャスな入浴シーンが織り込まれることになったのです。優香は映画での入浴シーンは初めてでしたが、そんな刺激的な役柄に大乗り気だったそうです」(映画関係者)

さて、肝心の撮影はどうだったのか。優香が入ったのは、王侯貴族が入るような純白の西洋式浴槽。湯面には真紅のバラの花を一面に浮かべた。

「西洋式浴槽のため、湯が浅い。終始リラックスした表情の優香は自身の色香で男を挑発するかのように、バラの花びらの上に豊満すぎる谷間を何度も露出。さらに足を組み替えつつ、まるでストリップのように太ももを湯面から出し、エッチな想像力をかき立てるような動きまでしたのです。

股間のヘアが見えそうになる寸前の角度まで太ももを湯面から露出させたため、あまりのフェロモンに男性スタッフは、股間を押さえていたそうです」(同)

注目すべきは、優香の三十路乳。もともとバスト87センチFカップ乳といわれていたが、30代に入りその完熟度がさらに増した。 → ranking

「優香は入浴シーン撮影時、控室で全裸になってから、乳房と下半身を隠すようにバスタオルを巻き、入浴しつつそれを一瞬でとる…という流れで入浴したようですが、おっぱいが豊満すぎるため、タオルが引っかかってしまうアクシデントがあったそうです。また、浴槽に浸かっている時も、乳房がバラの花を突き破って湯面に出た際、一瞬だけ乳首部分にバラの花が数枚付着した状態になり、花びらのすき間からピンクの乳首のようなものが見えたようです」(映画ライター)

撮影自体は順調に終了したという。

「優香も映像を見て満足げで、終了後『きれいに撮ってもらってうれしいよ〜。次はヌードに挑戦しちゃおうかな』なんて言っていたそうですからね」(同)

優香といえばか肌の露出を加速させているフシがある。昨年3月に発売した写真集『優香グラビア』では、12年ぶりの水着&ビキニ姿を披露し、7キロ減量したというクビレと巨乳でダイナマイトボディーを手に入れた。

「もともとグラドル出身ですが、20代後半は全然露出していなかった。しかし、同写真集では、かなりきわどいヒモパンティーまで披露し『やっぱり優香はエロすぎる』などの声が出るなど大絶賛。優香はそれ以来、自身のセクシーボディーを復活解禁していこうと決め、それで今回の映画入浴撮影に至ったようです。最近ではジムに通い、大胸筋トレを中心にプログラムを組むなど”おっぱいトレ”に熱心なようです」(芸能プロ幹部)

横乳ヌード
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

優香 セクシー画像こちら

優香 業界ウラ話こちら
posted by スティービー at 21:06