2013年08月11日

壇蜜がエロ封印!?今年9月のSM映画でヌード終了か

壇蜜 色情遊戯2 [DVD]
今やドラマにバラエティに引っ張りだこのセクシータレント・壇蜜(32)。真骨頂であるハードなSMシーンとヌードが満載の主演映画「甘い鞭」(角川映画)の公開が9月に控えている。

映画のストーリーを一部紹介。 → ranking

美貌の不妊治療専門女医、奈緒子(檀蜜)は、SMクラブM嬢というもうひとつの顔を持つ。

彼女には忘れられない忌まわしい過去があった。それは、17歳の夏、隣家の男に拉致監禁され、地下室で陵辱され続けた果てに、男を殺害し辛うじて地獄から生還するという、惨い記憶だった。

凄惨な過去と、トラウマを抱え生きる現在を、ダイナミックに絡ませ描きながら、やがて物語は予想だにしなかった衝撃の結末を迎える…。

ひとりの女性の“昼と夜”“過去と現在”が交錯し浸食し合うさまを、過激に、そして、エロティックに描き出すのだ。

だが壇蜜ファンにとって、気になる情報も浮上している。今後は肌の露出をセーブしていく方向とも言われているのだ。


<関連商品紹介>
【壇蜜 背徳のテロリスト壇蜜のフルヌード⇒【送料無料】私の奴隷になりなさい 壇蜜写真集 濃蜜 [ 壇蜜 ]
【壇蜜 エロス最大露出に挑戦⇒【送料無料選択可!】色情遊戯 2 / 壇蜜
【壇蜜 独特の世界観、壇蜜しか表現できないエロス⇒【送料無料選択可!】色情遊戯 / 壇蜜


(以下引用)
出版関係者が語る。「知的美人のイメージも浸透している壇蜜は、男性だけでなく女性ファンも増やしています。事務所の以降は女性ファッション誌の表紙や文化人的な活動を増やしていくことのようです。イベントでも、水着での出演の割合が減りました。ヌードを駆使した仕事は次の映画でやり切ったとの思いもあるのでしょう」

路線変更は最近、とみに顕著だという。

「今年の春先までは檀蜜のセクシー路線をもっと拡大すべく、外部プロデューサーが動いていたと言います。AV男優の加藤鷹がするようなSEX指南を女目線でやり、本の出版から講演まで展開していく。ますますSEXシンボルとして活動していく構想があったんです。しかし、事務所移籍と前後して、そうした話は聞かれなくなりました」(広告代理店関係者)

現在の壇蜜は単なるヌードモデルにあらず、テレビやラジオで多くのレギュラー番組を抱え、一般的な知名度も高くなっている。

「でも、どれだけ売れても彼女自身は偉ぶるところが全然ありません。私服は相変わらず『西友』で買った地味なものなんですが、『ふだん着のほうがそそられる』と、その素朴さゆえのエロスに興奮している共演者もいる。 → ranking

今後、しばらくは肌の露出を控えていくのかもしれませんが、そもそもヌードの仕事自体、無理やりやらされていたのではなくて、開放的な性は彼女の性分。いずれ脱ぎたい欲求が高まれば、自分から路線を戻すのではないでしょうか」(前出・出版関係者)

また、過剰に脱がなくとも、「半沢直樹」での愛人役のように、壇蜜の生き様は官能表現を可能にしている。

芸能ジャーナリストの佐々木博之氏は言う。

「愛人といっても、現代ではしたたかで華のある女性が、その愛人という地位を楽しんでいるようなイメージがある。しかし、壇蜜が演じる愛人には、かつての”囲われもの”と言われていた時代のような陰を感じるんです。エロスを売りにしてきた一方で、彼女は根が真面目なんだということを意識させられますね」[引用元:アサヒ芸能 より]

怖すぎ
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00