2013年08月24日

松本人志SM映画で佐藤江梨子のボンデージ姿がエロ過ぎ

佐藤江梨子Apricot Shake[DVD] (<DVD>)
10月5日より公開予定の映画「R100」。超過激露出で話題になっているのが佐藤江梨子(31)だ。

07年の『大日本人』など3本の映画を手掛け、監督業も板についた感じの松本人志の監督第4作目という今作。

これまでのシュールな内容と違って話はわかりやすそうともっぱら。SMクラブに入会したサラリーマンがボンデージ美女たちに翻弄され、奇抜なのは、ホテルなどの部屋でプレイに興じるのではなく、1年契約した男の日常に突如現れ、いたぶるという内容だ。 → ranking

『R100』に出演している女優たちは大地真央(57)、冨永愛(31)、寺島しのぶ(40)など個性派女優が並ぶが、中でも最もボンデージが似合いそうで、オジサン人気もダントツなのがサトエリこと佐藤江梨子。

バスト90センチの生唾ものの巨乳が漆黒の革からナマ露出しているのだからタマらない。

主演の大森南朋は、ボンデージ姿で乱入してきたサトエリに、寿司屋で食べようとしたネタを次々と平手でたたきつぶされ、グジャグジャの寿司ネタを呆然と食べる屈辱プレイだ。このサトエリがド迫力なのだ。


<関連商品紹介>
【佐藤江梨子 限界セクシーヌード⇒【送料無料】ウラエリコ
【佐藤江梨子 パーフェクトボディの全て⇒Cinnamon
【佐藤江梨子 Gカップセミヌード⇒ Perfectness


(以下引用)
そのほか、冨永女王様には街角で回し蹴りの嵐に遭い、大地女王様には自宅で緊縛責めを受け、寺島女王様にはトイレで鞭責めを連発される。果ては超大柄なパツキン女王様まで出現し…という過激な内容だ。衣装は全てボンデージ。

試写をいち早く見た映画評論家の秋本鉄次氏もサトエリが目当てだ。

「サトエリ相手ならボクも喜んでひれ伏しますね。でも、彼女のシーンがちょっと少なすぎ。あの巨乳がこぼれ落ちそうなボンデージ姿をもっと見せてこそ観客サービスでしょ。他では大地はさすが“本格派”。年季を感じましたけどね」

Mっ気の強い読者なら、これだけでゾクゾクするはずだが、松本作品らしくやはりブッ飛んでいるというか、後半は変な方向に脱線する展開となる。 → ranking

「松本は、SMに関しては一家言あり、独自の哲学を持っています。“ドS、ドM”というカジュアルな言い方を広めたのも、自身のラジオ番組からといわれています」(放送作家)

そんな松本のSMに関する集大成が今作なのだそうだが、サトエリのシーンでも察せられるようにボンデージ美女のエロ度が低いのが玉にキズ。

ちなみに、『R100』という奇妙な題名は成人指定の“R−18”より遥かに上、という風にも取れるが、作品自体は“R−15指定”。この秋の“SMもの”壇蜜主演『甘い鞭』(9月21日公開)と時ならぬSM映画決戦となりそうだ。

「映画全体は、相変わらず話をこねくり回し過ぎ。もっとストレートに魅せて欲しい。この秋のSMものなら断然『甘い鞭』に軍配を上げます」(秋本氏)[引用元:週刊実話 より]

これまでの松本作品もその評価はまちまち。“シュールな作風”と絶賛する向きもあるが、“しょせんはマスターベーション映画”との厳しい声が圧倒的だが・・・。

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 21:00