2013年09月22日

「東京ラブストーリー」の有森也実が全裸濡れ場を披露

東京ラブストーリー DVD BOX
1991年に大ヒットした月9ドラマ「東京ラブストーリー」。最終回は視聴率32.3%を記録するなど空前のブームとなった同ドラマに、関口さとみ役で人気を博した女優・有森也実(45)に衝撃の情報が浮上している。

近々公開される映画『TAP 完全なる飼育』(11月9日より全国ロードショー予定)で、激しい濡れ場に挑んでいるという。 → ranking

目に涙をいっぱい溜めた哀しい表情で、「永尾くん……行かないで」と切なく呟くシーンを、まだ鮮明に覚えているオジサン達は多いが、当時は清純派の若手No.1女優だっただけに、現在45歳とはいえ、業界の衝撃は計り知れないという。
すでに試写を見た映画評論家の秋本鉄次氏も、「ビックリです。正直、ここまでやるとは思っていなかった」と衝撃を隠せなかったとか。その一部を紹介してみよう。

(以下引用)
今回、有森が演じるのは、暴力団の若頭の愛人役。


<関連商品紹介>
【有森也実 下着姿で挑発⇒【送料無料】有森也実写真集 [ 小沢忠恭 ]
【有森也実 あの感動をふたたび⇒【送料無料】東京ラブストーリー DVD-BOX
【有森也実 お宝ショット満載⇒発掘スクープお宝のツボ!!


実の娘には関心を持たず、自らの金銭欲、物欲、性欲に従って生きている奔放な女性。有森は男に卑猥な言葉を吐いたり、快感を貪るようなセックスシーンを繰り広げるのだ。

「映画は、いきなりク〇ニシーンから幕を開けます。そして、前半のクライマックス、若頭との騎乗位シーンが、とにかく凄い! 全裸になり男に跨った彼女は、激しくで腰を振り、ただオーガズムを求めようとするんです。揉みしだくのに、ちょうどいい美乳は、男が激しく愛撫するたびに先端を勃起させていき、有森はついに、"ああぁぁ――!"と喘ぎ声を漏らしてしまうんです」(映画関係者)

このほかにも、自ら下着中に手を突っ込むオ〇ニーシーン、激しい突き上げバックを食らい美顔を歪める場面、そして対面座位でエクスタシーに達し、思わず絶叫してしまうシーンなど、どスケベカットが目白押しだという。 → ranking

「ここ何年か、印象的な映画出演がなかった彼女は、今作を"女優としての集大成"と語っているようです。その言葉に恥じない凄みの利いたリミットなしの熱演は素晴らしい。今後、大胆な役を任せられる女優として、オファーが数多く舞い込むのは間違いないと思いますね」(前出・秋本氏)

女優陣を代表する清純派の、超のつくエロ進化、これは見逃せない! [引用元:週刊大衆 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00