2013年10月07日

山岸舞彩 ミニスカ解禁!東京五輪キャスターを本気で狙う

山岸舞彩 2013カレンダー
日本テレビに移籍したミニスカ&美脚でお馴染の山岸舞彩(26)が、2020年の東京五輪メーンキャスターを本気で狙っている。

山岸の“ミニスカ魂”に火が付いたのは、同じ系列事務所に属する滝川クリステル(36)が、9月7日に開かれた国際オリンピック総会の最終プレゼンテーションで、日本の「おもてなし」精神をスピーチ。見事、'20年の東京五輪をゲットしたことが原因。 → ranking

おもてなしスピーチを見た山岸は先輩の大活躍に刺激を受けたようで、『7年後、滝川さんは43歳。私はちょうどいい年齢の33歳。絶対、私がどこかの局の五輪メーンキャスターになってみせますよ』と語った。

そして『メーンキャスターになるためなら、ミニスカなんていくらでも見せます』と言い切っていた。実際、9月10日に都庁で行われた帰国会見でも、山岸は積極的に質問し、存在感をアピールしまくっていたという。


<関連商品紹介>
【山岸舞彩 ポロリ寸前水着も ⇒ 【送料無料】BUBKA (ブブカ) 2012年 01月号 [雑誌]
【セントフォースの人気美女達が集結 ⇒ 【ご予約受付中!25%OFF】セント・フォース★2012カレンダー
【山岸舞彩 セクシーフェロモン全開 ⇒ 2012年カレンダー山岸舞彩 [CL-63]


(以下引用)
山岸をめぐっては6月、キャスターを務める『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のプロデューサーのセクハラで大騒動になった。
「山岸は直後にセクハラ被害を否定したが、周囲の男性実力者の多くは“扱いづらい存在”として敬遠している」(テレビ誌記者)

ただ、今後はなりふり構わぬ露出路線をとる可能性が高いという。

「山岸は10月5日にWOWOWで放送される初の冠番組『山岸舞彩の“私もあなたも熱くなる”12時間スペシャル』の司会を務めますが、その番宣取材の際、一部メディアに対し『スカートの丈(の長さ)にはこだわりはない』『短くても長くても、需要があるならリクエストに対応していきたい』と述べ、“超ミニスカ”をOKしています。

関係者が、パンチラが見えてしまうのではと指摘すると、山岸は『私でよければ』と答えたというのです。事実上のパンチラ解禁宣言かもしれませんよ」(女性誌記者) → ranking

すでに東京五輪でキャスター枠をゲットするための“美脚プレゼン活動”も開始しているという。

「最近の山岸は明らかにスカートの丈が短くなっています。さらに、ジムで『美脚トレーニング』に取り組んでいるようです。そんなセクシー美脚&超ミニスカ姿でテレビ局幹部やスポーツ界の大物らと会うため、みな一発で山岸にメロメロになっている」(同)[引用元:週刊実話 より]

NHK時代のミニスカ再び?
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00