2013年12月22日

杏 朝の連ドラ共演者との熱愛報道に激怒!「ごちそうさん」の壮絶舞台裏

LIGHTS(初回生産限定盤)(DVD付)
9月からスタートしたNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』が絶好調だ。

第1週の平均視聴率が平均21.07%(関東地区)と好スタートをきると、右肩上がりを続け10週連続で21%超えの高視聴率記録を打ち立てた。しかも、あの『あまちゃん』の番組平均視聴率20.6%をいとも簡単に抜き去るおまけつき。この快挙にNHK局内はお祭り騒ぎだという。

一方で、主演の杏(27)と共演するイケメン俳優・東出昌大(25)の関係がギクシャクしているとの情報が。 → ranking

共演者スタッフによると、2人の仲は相当険悪な雰囲気。通常、これだけの高視聴率をマークすると、収録現場の空気は軽く、和気あいあいと盛り上がるものだが、『ごちそうさん』はちょっと違う。

(以下引用)
「何たって杏が終始イライラ状態で不機嫌なんです。しかも、視聴率が上がれば上がるほど機嫌が悪くなる。この数週間は杏からのイライラオーラでスタッフはダウン寸前です。当然、東出も孤立しています」(番組事情通)


<関連商品紹介>
【杏 誰にも見せない素顔 ⇒ 杏/LIGHTS
【杏 知られざる仰天私生活 ⇒TVウワサの眞相
【杏のマル秘プライベート⇒ 有名人ここまで書いてゴメン!の話
NHKの破格な対応や連日の高視聴率記録とは対照的な杏の胸中は?

「相手役の東出を一方的に毛嫌いしているんです。収録が始まった当初は役者としてキャリアが浅い東出に対し、杏がイニシアチブを握る形で収録も進行していた」(ドラマ関係者)

ちなみに、杏の様子がおかしくなったのはインターネットに2人が熱愛中だとのデタラメ情報が盛んに書き込まれるようになった11月頃からだという。 → ranking

「身長も東出が189センチ、杏が174センチのお似合いカップルだと…。2人でデートをしていたなどの話もあった。この話をスタッフから偶然、聞いて怒り狂ったんです」(芸能プロ関係者)

杏が激怒した理由も実に彼女らしい。
「彼女はいまだに元カレで滝川クリステルに奪われた小澤征悦のことを引きずっている。しかも、チャンスがあれば元サヤまで狙っているほど“ホの字”なんです。しかも、恰好ばかりで台本の漢字全てにルビを振り、ドラマの時代背景を全く理解せず、杏の漢字を『否』だと誤解していたような東出は杏が最も嫌うタイプの男。

ドラマ『妖怪人間ベム』で共演した亀梨和也もここだけの話、かなり毛嫌いされていた。杏は知性と教養と品がある男性がタイプなんです」(ドラマ制作スタッフ)[引用元:週刊実話 より]

杏は、NHKの看板であるテレビ小説の主役にも関わらず、多数のCMに出演。番組の知名度を利用して儲けるのはいかがなものか、という意見が業界でも上がっているようです。

よそよそしい二人?
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。