2013年12月31日

華原朋美に小室哲哉はうんざり!?「二度と関わりたくない」が本音だった

華原朋美<VISUAL QUEEN OF THE YEAR’95> [VHS]
12月4日、フジテレビで生放送された音楽特番『FNS歌謡祭』のステージで、元恋人で音楽プロデューサーの小室哲哉(55)と15年ぶりに共演した華原朋美(39)。 → ranking

披露した歌は、小室が作詞作曲した『I’m Proud』(’96年発表)で、小室が華原のために作り、当時、公私共にラブラブだった2人の“絆”を象徴する曲だった。

熱唱後、握手を交わした二人。その後、華原サイドから新曲のプロデュースを依頼したが、小室から「これ以上関わりたくない」と拒絶されたという。

(以下引用)
「小室も自然の流れで握手しましたが、すぐステージから下りたでしょ。握手自体、台本にありませんでしたからね。楽屋では小室の関係者が“聞いてないぞ!”と怒鳴っていましたよ。華原の話題作りにまんまとハメられたからです」(番組関係者)


<関連商品紹介>
【華原朋美 復活をかけたセミヌード⇒【送料無料】Crystallize [ FujishiroMeisa ]
【華原朋美 ベッドで下着姿まで披露⇒【送料無料】Crystallize(2) [ FujishiroMeisa ]
【華原朋美 美女とワンワン、ひみつの関係⇒【送料無料】Kissin’ my puppy [ 篠山紀信 ]


華原といえば、先ごろ熱愛報道が流れたばかり。華原をよく知る女性誌記者が言う。

「女性誌が明治天皇の玄孫で慶應大学の講師の竹田恒泰との“熱愛”を報じましたよね。あれは華原が親しくなった女性誌の記者に“面白い話がある”と持ち掛けてスクープさせたんですよ」

竹田氏の次は、小室との再会での涙の握手。話題作りで次に狙うのが新曲プロデュースだった。 → ranking

「再会を機に小室に新曲をプロデュースしてもらえば、さらに話題になると思ったんでしょうね。しかし、楽屋で関係者が激怒したほどですから、新曲のプロデュースなんてとんでもない話。聞く耳を持ちません」(前出・番組関係者)

さらに、小室の元スタッフが言う。

「小室は華原と別れるまで、華原の奇行に散々悩まされた。揚げ句に自殺未遂ですからね。今は二度と関わりたくないのが心境ですよ。2年前に妻のKEIKOがクモ膜下出血で倒れてから愛妻家になりましたが、その前は女性関係がだらしなかった。そのため、KEIKOは小室が女性アーチストをプロデュースすることを嫌ってもいる。華原ならなおさらです」[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 21:00