2014年01月17日

長澤まさみ ハリウッド映画で初全裸!ジョン・ウー監督からヌード要請を受諾か

ar (アール) 2013年 06月号 [雑誌]
昨年から脱ぐ脱ぐといわれていた女優の中で、今年はまず間違いないとウワサされているのが、長澤まさみ(26)。

まず長澤については、11年のヒット映画『モテキ』で見せた”乳揉み”が評価されて以降、長澤のさらなるセクシー演技を求める声が強く、とてもじゃないが清純派ではもう売れないという空気が業界に漂っている。 → ranking

有力視されているのは、前後編で製作される、ジョン・ウー監督の『THE CROSSING』での初脱ぎ。上海から台湾に向かう豪華客船が、貨物船と衝突して沈没。まさに”中国版タイタニック”とも言われる、許されぬ恋に揺れる男女の物語で、濡れ場は不可欠といわれている。

(以下引用)
長澤の所属事務所は、現時点では本作での初脱ぎを否定しているが、「ウー監督から直々に、ヌードの要請があったそうです。ハリウッドでも注目度の高いウー監督作品で思い切った演技を見せれば、一夜にして”世界のNAGASAWA”となる可能性もあるだけに、必要であればヌードも厭わないでしょう」(前同)


<関連商品紹介>
【長澤まさみ 19歳から21歳まで大胆セクシーショット⇒ 長澤まさみsmart
【長澤まさみ 16の夏の鮮烈ラスト水着写真集。⇒Summertime blue
【長澤まさみ 彼女のプライベート、水着姿…⇒Me


過去にこんな例がある。
03年に映画『ラストサムライ』で世界デビューを果たした小雪と、06年に米国映画『バベル』でブレークした菊地凛子。

その後、ハリウッド作品の常連になったのは菊地だった。
その”分かれ目”は「女優として脱げるか」(映画関係者)だったというから、長澤の今後の活躍は今作で裸をさらすか否かにかかっている。

多くの大物女優のヌード写真集を手掛けてきた出版プロデューサーの高須基仁氏は、こう期待を寄せる。
「私にとっていま一番エロい女優だね。

背が高く、むちむちボディ、それに巨乳。”におい立つ女”という言葉がぴったりで、ハリウッドでも通用しそうな日本の女優は長澤以外、いないよ。いま、ヘアヌード業界は氷河期だが、この惨憺(さんたん)たる状況を打破するには彼女が脱ぐしかない。写真集を出せば定価4800円で初版5万部。売り上げは20万部はいくだろうから、ギャラは最低でも1億円は堅い」[引用元:週刊大衆 より]

乳わし掴みなんて序の口
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00