2014年02月07日

石原さとみ ドラマ低迷でお蔵入りになった過激シーンを公開

石原さとみ カレンダー 2014年
月9ドラマ『失恋ショコラティエ』(フジテレビ)で主演の松本潤よりも、体当たり演技で好評を博しているのが女優の石原さとみ(27)。

小悪魔系人妻というキャラで妙にエロいと中高年の間でも話題を呼んでいるという。

話題の中心はなんといっても毎回随所に登場するチョコレートを頬張ったり、松本と絡むエロティックな妄想シーン。 → ranking

肉厚のたらこ唇で人型チョコを頭から食べるという暴挙。誰もが想像するエッチなシーンを堂々と熱演。また、超ミニスカートにハイソックス姿の石原がソファに押し倒され必死に抵抗するも、松本は『ほんとにイヤならそんな短いスカート穿いてきちゃダメだよ。攻略して下さいと言わんばかりの…』。すると石原は『あたし、攻略されちゃうの!?』と松本を受け入れ左足を開くシーンまで。

そんな寸止めシーンがオンパレードだった『失恋ショコラティエ』。初回視聴率こそ14.4%だったものの、続く第2話は12.7%だった。


<関連商品紹介>
【石原さとみ Cカップ水着も披露 ⇒ 【写真集】 石原さとみファースト写真集
【石原さとみ セミヌードショット連発 ⇒ 石原さとみ写真集『二十歳、夏』[アイドル] 【女優】
【石原さとみ 貴重なプライベート写真等も収録 ⇒ たゆたい


(以下引用)
「このままのペースで行くと、シングルは目前だ。フジ上層部もまさかの大コケに慌てている」(関係者)

そんな中、視聴者を小躍りさせるサプライズ情報が飛び込んできた。何と企画段階で一度はカットされていた過激濡れ場が視聴率不振を理由に改めて完全復活することになったというのだ。

ドラマはチョコに目のないヒロイン・紗絵子(石原)にふられた主人公・小動爽太(松本)が彼女を振り向かせるため、本場フランスへ渡って修業し、一流のショコラティエになって帰国。人妻となってしまったヒロインに再アタックするという禁断のストーリー。

今回、全面解禁となるエロシーンには石原のみならず、セックスフレンドとして登場する水原希子との生々しい濡れ場もいたるところに設定されている。今後、撮影予定となっている妄想エロスシーンの仮シノプシスを垣間見た制作関係者が詳細について語る。

「これは凄いと評判になっているのがチョコレート風呂で戯れるシーン。チョコまみれになった松本が立ったまま石原に全身を愛撫されるんです。石原のたらこ唇から舌がチロチロと出て、うなじから首元、胸、へそ、そして石原の頭がさらに下におりた瞬間、松本の顔が大映しになり『最高〜』と叫ぶんです」

他にも、放送コードギリギリの場面がある。 → ranking

「一つは石原と松本のSMシーン。目隠しをされ超ミニスカートの石原を椅子に縛り付け、松本がチョコスティックで凌辱するんです。石原は口を半開きにしながら『ご主人さま、チョコをください』と懇願する。松本は『欲しければ何をするかわかっているよね』と言ってミニスカを捲り、手で太ももをなで回すんです。石原は歓喜の声を上げる。

さらに圧巻は3Pシーン。フォーカスの掛かった画面で構成され、石原、水原が松本のクビや乳首を愛撫している。2人は『どっちが気持ちいい』とライバル心を剥き出しにする。松本は苦悶した表情を浮かべながら『どっちも気持ちいい』と言うんです。その言葉に納得した2人は満足したかのように今度は女性同士でキスを始める。松本は『夢じゃないよね〜』と言いながら目を覚ますと、犬が乳首を舐めている」(制作会社プロデューサー)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00