2014年03月05日

安達祐実 オールヌード挑戦の悲惨な裏事情!「2億円AVオファー」まであった

安達祐実写真集「私生活」
今秋公開のR−18指定映画「花宵道中」でオールヌードに初挑戦することが明らかになった女優・安達祐実(32)。

「女による女のためのR−18文学賞」を受賞した宮木あや子氏原作の同名小説の実写化。江戸末期の新吉原を舞台に、甘美で哀しい遊女たちの生きざまを赤裸々に描いている。

安達の映画主演といえば、1994年公開の「家なき子」以来20年ぶり。デビュー30周年を迎えた昨年、初のセミヌード写真集を出版した安達は「全裸のベッドシーンにも挑戦してみたい」と大人の女優として新境地開拓を切望。ドラマを中心に活躍してきたが、映画の代表作も意識し、大胆ヌードを決意した。

運命の恋に落ち、人生を狂わせる人気女郎を演じ、劇中では華やかなおいらん道中はもちろん、相手役の淵上泰史(29)や津田寛治(48)と激しい濡れ場に挑戦。バストトップもあらわな一糸まとわぬ姿で、女の情念を演じ切るという。

だが、オールヌードを決意した背景には複雑な事情が見え隠れしている。→ ranking

女優としてドラマや映画のオファーが激減し芸能生活は崖っぷち状態。子役時代からは明らかに陰りが見えている。さらに、今年に入って、2億円という破格のギャラでAVのオファーまであったとの情報まで浮上している。


<関連商品紹介>
【安達祐実 17歳当時のやわらかな肢体⇒【送料無料】安達祐実写真集17歳 [ 橋本雅司 ]
【安達祐実 アンバランスなエロス⇒【送料無料】Adachix [ go relax E more ]
【安達祐実 Dカップ巨乳で悩殺ポーズ⇒【送料無料】Prego [ MazdaTadao ]


(以下引用)
AV出演話が浮上するきっかけとなったのは昨年9月発売の初ヌード写真集『私生活』。安達は、一部メディアから同写真集の取材を受けたり、スタッフらと写真集の出来栄えについて話し合ったりしているのだが、そこで驚くべき発言をしているのだ。

「その際、安達は『写真集の次は全裸ベッドシーンの撮影をやりたい』と盛んにアピールしているそうです。つまり、映画やドラマにおけるフルヌードでのセックスシーンを若いうちに希望しているということです。

こういった安達の肉声を耳にした複数のAV関係者がさっそく動き出しているという。 → ranking

「あるAV関係者が『安達祐実の全裸セックスAVなら1億円は出す』と内々で安達サイドに打診すると、それを聞いた資金潤沢なIT企業をスポンサーに持つ別の関係者が『子役時代の純真なイメージが強いだけに、セックスシーンとのギャップは芸能界屈指だろう。うちは2億円出す。絶対売れる』と豪語。

いずれも、コテコテのAVではなく、『ソフトな構成にしたイメージビデオや芸術的ポルノ映画でもいい』とまで譲歩しているそうです。巨額マネー話が水面下で躍る安達の全裸AV争奪戦が始まっているのです」(アダルト誌編集者)[引用元:週刊実話 より]

これまで人気が落ち目でのヌードは、あまり再ブレイクのキッカケにはなっていないのが現実。”脱ぎ損”になる可能性も高そうだが…。

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。