2014年03月12日

安達祐実 バストトップ全開でくんずほぐれつ!過激過ぎて撮影スタッフは生唾

安達祐実写真集「続・私生活」
秋公開の映画「花宵道中」で、女郎役で一糸まとわぬ姿で大胆な濡れ場を演じた安達祐実(32)。

江戸末期の新吉原を舞台に、甘美で哀しい遊女たちの生きざまを赤裸々に描いている作品。 → ranking

安達が演じるのは、縁日で出会った職人と運命の恋に落ちる、吉原遊郭の人気女郎。職人役の淵上泰史や津田寛治を相手に激しい濡れ場に挑戦。バストトップ全開でくんずほぐれつの肉弾戦を見せている。

初のセミヌード写真集を出版した安達は「全裸のベッドシーンにも挑戦してみたい」と大人の女優として新境地開拓を切望しただけあって、今作の見どころは満載。撮影に参加したスタッフからも、安達のプロフェッショナルぶりに舌を巻いたとか。


<関連商品紹介>
【安達祐実 17歳当時のやわらかな肢体⇒【送料無料】安達祐実写真集17歳 [ 橋本雅司 ]
【安達祐実 アンバランスなエロス⇒【送料無料】Adachix [ go relax E more ]
【安達祐実 Dカップ巨乳で悩殺ポーズ⇒【送料無料】Prego [ MazdaTadao ]


(以下引用)
「腹の座り方は子役時代からの30年選手だけあって、さすがでした。昨年12月に東映京都撮影所で撮影したのですが、独特の雰囲気にのまれることもなく、淡々と演じていました。

慣れない衣装や重たいかつらを付けての花魁道中の撮影にも不平ひとつもらさず、プロの仕事ぶりを見せていました。大人に脱皮できない子役として将来を案じられたこともあったが、昨年秋の写真集『私生活』(集英社)出版で一皮むけた。

セクシーショットは『これから自分の意志で生きていくという決意表明』だったそうですから、女は強いとつくづく感じさせられますよ。『演技をする上で服を着ている、着てないは関係ない』が持論なので、さらなる脱ぎの仕事が続くかもしれません」[引用元:アサヒ芸能 より]

実は、女優としてドラマや映画のオファーが激減し芸能生活は崖っぷち状態の安達。 → ranking

子役時代からは明らかに陰りが見えているだけに、仕事は選んでいられないというのが本音だが、そこにつけこんだAV関連会社が2億円でAV出演をオファーしたことは業界でも噂になった。

「全裸ベッドシーンの撮影をやりたい」とのアピールは、「何でもいいから仕事をください」という意味なのかも…。

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 22:38