2014年06月21日

長澤まさみが脱いだ!仕事と私生活でエロネタ連発

Summertime Blue―長澤まさみ写真集
ファッション誌『ar』(主婦と生活社)6月号で、セクシーショットを連発している長澤まさみ(26)が評判になっている。

まず表紙から超セクシー。上はタンクトップで下はホットパンツ。尋常じゃないくらいの柔肌が露出している。さらに中味はもっと過激。「ノーパッドブラが好き」との告白までしている。

さらには、「お風呂で体を洗う際には、”タオルを使わず手で洗う”という私生活の生々しい部分もぶちまけている。

少々暴走気味にも見えるが、最近の長澤のエロ化は目覚ましい。一体どういった変化があったのか。 → ranking

(以下引用)
「映画『太平輪』のプロモーションでカンヌ映画祭に登場した際は、下乳露出ドレスを着て驚かせました。この映画で濡れ場があると噂されていましたが、公式には否定。ただ、実は撮っていたのに、ある事情でボツになるという話があります」(映画関係者)


<関連商品紹介>
【長澤まさみ 19歳から21歳まで大胆セクシーショット⇒ 長澤まさみsmart
【長澤まさみ 16の夏の鮮烈ラスト水着写真集。⇒Summertime blue
【長澤まさみ 彼女のプライベート、水着姿…⇒Me


その事情を芸能プロ関係者がこう明かす。

「映画『モテキ』公開あたりで、担当マネージャーが堅めのA氏から、ゆるゆる路線のB氏に代わったんです。それからセクシー化が加速していき、長澤も”脱ぎたい”となったんです。

ところが最近になり、再びA氏に戻ったとか。これは事務所の方針が変わったことを意味します。映画の濡れ場も、事務所から待ったが入ったんでしょう。脱ぎたい長澤と、脱がせたくない事務所との苛烈な綱引きが始まっているんです」[引用元:週刊大衆 より]

そもそも、私生活の彼女は下ネタ女王。 → ranking

最近は芸能人好みのオシャレ街ではなく、東京・中野や中目黒など、芸人が夜な夜な集まる飲み屋街での目撃談が絶えない。

彼女が進んでセッティングしたという若手芸人との新年会では、"絶倫食品はカキだよ""アナタの出身地でアソコのことを方言でなんて言うの?"とか、ギャハギャハと下ネタを連発。出席者は清純派ルックスとのギャップに驚き、リアクションさえできなかったとか…。

下乳まる見えドレス
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00