2014年08月03日

沢尻エリカ 超タブーに挑戦!なんと脱法ハーブ全裸濡れ場

佐々木希 Non
来春公開予定の映画『新宿スワン』で、衝撃の“脱法ハーブSEX”を披露すると囁かれている沢尻エリカ(28)。

沢尻は薬物に溺れる歌舞伎町の風俗嬢を演じる予定で、男性への過激な奉仕シーンなどの一般的な風俗プレイのほか、覚せい剤をキメた『シャブセックス』シーンが入るとみられていた。しかし、最近、社会問題となっている脱法ハーブを吸引してセックスするショッキングな場面が盛り込まれる予定だという。 → ranking

これには賛否両論が巻き起こっているものの、日本最大の繁華街・新宿歌舞伎町の裏社会を描く同名漫画が原作で、監督は数々の女優を自作で脱がせ、超過激シーンを演じさせてきた鬼才・園子温氏だけに、ブーイングよりも期待度の方が高いという。

(以下引用)
「園監督の哲学は『女優は全員すぐ脱げ』という過激なもの。12年公開『ヘルタースケルター』で沢尻はすでにヌードを披露しているだけに、今回はヘア露出を命じられること必至。


<関連商品紹介>
【沢尻エリカ 初々しい16歳当時の水着ショット⇒【送料無料】P-chu!
【沢尻エリカ あどけない小悪魔的な表情がセクシー⇒【送料無料】D-Splash!
【沢尻エリカ ほとんどヌード!今では見られない貴重なショット⇒【送料無料】Erika


さらに園監督は、社会問題などに敏感で、硬軟自在に取り入れる手腕も抜群のため、沢尻が脱法ハーブをキメて、狂ったようなセックスをするシーンをさっそく織り込むようです。沢尻自身、’12年に『大麻使用疑惑報道』があったため、大麻のように煙を吸う脱法ハーブ吸引シーンは、衝撃的な内容になるでしょう」(同)

脱法ハーブなどをキメたセックスは、通称「キメセク」などと呼ばれる。

「キメセクの場合、気持ち良すぎて通常のセックスでは飽き足らず、アナルセックスに移行することがほとんど。その辺を知り尽くし、リアルを追求している園監督ですから、沢尻にアナルセックスシーンをさせる可能性大。本当に使っているかのように、目をひん剥き、ケダモノのような叫びをあげるセックスシーンになるかも」(映画関係者)

 近の沢尻は好調だ。8年ぶりの連続ドラマ主演『ファースト・クラス』(フジテレビ)は、深夜11時台にもかかわらず平均視聴率8.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。最終回は同枠初の2ケタとなる10.3%を記録するなど大健闘した。 → ranking

「ヒットに沢尻は上機嫌。ハイテンションな沢尻は、『こうなったら何でもやるわよ』と宣言しているようですから、園監督の超過激要求をこなしきるでしょう。そもそも沢尻は、園作品のファンで、自ら風俗嬢役を志願したほど。かなり期待できそうですね」(同)[引用元:週刊実話 より]

乳出し泥酔の過去も
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00