2014年08月06日

カトパン人気急落!熱愛男性からフラれて失恋ショックも影響

少しずつ 少しずつ
フジテレビの看板アナとして絶大な人気を誇っていた“カトパン”こと加藤綾子アナ(29)の人気に陰りが見えはじめている。

オリコン発表の「好きな女性アナウンサーランキング」ではトップの座を日テレの水卜麻美アナに奪取され、高水準を保っていた潜在視聴率も右肩下がりを続けているという。

以前は11.1%だった潜在もいまや9.2%。ちなみにトップの水卜アナは10.2%。2位はフジの生野陽子アナで9.8%。昨年12月時点の状態から考えれば、この半年間で人気が急落したということだが、一体何が起こっているのか。 → ranking

(以下引用)
人気凋落と共に大暴落するのが、カトパンの“女子アナ・バリュー”。人気最盛期にはフリーアナに転身した場合の移籍金が3億円、年収は1億円超えといわれていたが、現在は違う。


<関連商品紹介>
【加藤綾子 女子高生時代のハイレグ水着 ⇒ 【送料無料】女子アナotakara写真館
【加藤綾子 驚愕のプライベート ⇒ 【送料無料】TV女子アナ驚愕スペシャル
【加藤綾子 スキャンダルの全貌 ⇒ 【送料無料】女子アナスキャンダル調書


「移籍金は3000万円を切ってしまう。年収もフジでの1500万円に毛が生えたレベル。一時は大手芸能プロが札束を手に争奪戦を展開すること必至といわれていましたが、過去の話。唯一、声が掛かるとすればセントフォースとフジが出資したフォニックスだけなのでは。完全にカトパンは時期を見誤ったようです」(芸能プロ関係者)

フジの絶対的エースだったカトパン。ここに来て人気が急落してしまった理由は何か。

「来年春には三十路を迎え、加えて致命的だったのが恋愛スキャンダル。将来の首相候補の呼び声も高い自民党の小泉進次郎議員や、昨年10月には、当時西武だった片岡治大選手との熱愛が話題になった。

また、今年2月には米メジャー・レンジャーズのダルビッシュ有との密会愛も発覚。テレビで見せる笑顔とは裏腹に、素顔は強靭な肉食女子という姿が判明し、ファンがドン引きしたんです。この種で下がった人気は戻ることがほとんどありません」(芸能プロ関係者)

しかし、フジ局内では今もフリー転身が根強く囁かれているという。 → ranking

「理由は、噂になった男性陣に全てフラれ失恋のショックにいまだに悩まされていること。プラス、局内の人間関係も上手くいっていない。以前はカトパンを中心に松村未央アナ、山崎夕貴アナ、三田友梨佳アナらとつるみカトパン主催の飲み会がよく開催されていた。

ところが、噂の彼と会うためかどうか定かではありませんが、飲み会の回数が極端に減ってしまったんです。そこに食い込んで来たのがショーパンこと生野陽子アナで、村松、山崎、三田の3人を完全に抱き込んでしまった。実はカトパンとショーパンは犬猿の仲で有名。そんな事情もあって、局内には残れないという話です」(事情通)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。