2014年09月05日

能年玲奈 映画大コケで大ピンチ!「すでに飽きられている」

NHK連続テレビ小説 あまちゃん 能年玲奈 featuring 天野アキ 完全保存版
昨年放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん」で大ブレイクを果たした能年玲奈(21)が、思わぬ窮地に立たされている。

『あまちゃん』以降、仕事をセーブしていた能年の復帰作『ホットロード』が8月に公開されているが、どうにも評判がイマイチ。公開1か月切っても、まったく話題になっていないし、宣伝もあまりされていない。 → ranking

今回の映画は、80年代に爆発的にヒットした漫画が原作。トラウマを持つ少女が命知らずの不良少年に惹かれていく純愛大作だ。

これまで、映像化を期待する声も多く、能年主演で実現したというのに、盛り上がらないのはなぜなのか?


<関連商品紹介>
【能年玲奈の強烈スクープ! ⇒ ザ・スクープ撮!!
【能年玲奈 「あまちゃん」の舞台裏 ⇒TVウワサの眞相
【能年玲奈のプライベート大公開!⇒ 有名人ここまで書いてゴメン!の話

(以下引用)
「能年は仕事をセーブし過ぎたんです。『あまちゃん』終了後、ドラマや映画のオファーが殺到していたんですが、”出すぎると飽きられる”という事務所の方針で、休養期間を設けたみたい。

でも、『あまちゃん』の後継ドラマ『ごちそうさん』もヒットし、主演の杏は終了後に即、ドラマ主演を果たして話題になるなど、露出を減らさずに成功していますから、事務所の戦略が裏目に出ました」

しかも、撮影現場からは、こんな声も聞こえてくる。

「能年は切なげな美少女役ですが、『あまちゃん』の明るくひたむきな天野アキのイメージが残りすぎていて、違和感たっぷり。現場でも相当NGカットが多いそうです。やはり、映画も連ドラもなく、約1年の充電期間となったのが相当痛かった」(前出・映画製作関係者)

こうした事務所戦略に加え、もう一つ問題があった。

「同じ8月公開の『るろうに剣心』の続編が大きな壁となっています。こちらは、第1作が興行収入30億円を超える大ヒットで、ハリウッド系列の大手配給会社と広告代理店が組んで宣伝にかなり力を入れていますが、『ホット〜』は宣伝予算さえも乏しい。

しかも、『るろ剣』も『ホット〜』も同じ大手出版社の原作で、版元側も手堅い『るろ剣』のPRに全力を注いでいるのが実情。『ホット〜』は公開のタイミングが完全に悪かった」(映画宣伝会社関係者)[引用元:日刊大衆 より]

昔は顔が別人?
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00