2014年09月18日

吉高由里子 後輩女優にベロチュー!お下品パーティーの衝撃中身

吉高由里子写真集
3月からスタートしたNHK朝の連続ドラマ『花子とアン』は、放送開始から19週連続で21%超えを記録し、主人公・村岡花子を好演している吉高由里子(26)の評価も急上昇した。

そんな『花子とアン』も8月26日にクランクアップ。視聴率はいまだ好調で、最終回までこの調子が続けば能年玲奈の『あまちゃん』はもちろん、杏の『ごちそうさん』を超える記録を打ち立てそうなだけに、2日後に行われた打ち上げパーティーは大変な盛り上がりを見せたという。 → ranking

中でも上機嫌だったのは、無論、同ドラマのヒロインを務めた吉高だった。

ビールに始まり、ハイボールを一気飲み。17時半から都内のホテルで行われた一次会が終わる頃には完全にデキあがっていた。その後二次会へと流れ、カラオケ店での三次会が終わったのは翌朝5時すぎだったが、吉高は最後まで大盛り上がりだったという。


<関連商品紹介>
【吉高由里子 驚愕のプライベート ⇒ 【送料無料】吉高由里子のあいうえお
【吉高由里子とエッチな体験 ⇒ 【送料無料】吉高由里子UWAKI
【吉高由里子 美しすぎる肢体、10代の肌を解禁 ⇒ 【送料無料】吉高由里子写真集


(以下引用)
打ち上げ終盤には、誰彼かまわずキスして回る“キス魔”になっていたことも一部で報じられているが、その多くはほっぺやおでこ。だが、「あの人にだけは、舌まで入れるDキスだった」(同)との目撃談が寄せられている。その相手が、当初から不仲が伝えられ続けてきた黒木華(24)だ。

芸能関係者がこう語る。 → ranking

「2人の不仲は、朝ドラの撮影開始直前に黒木が『ベルリン国際映画祭』の最優秀女優賞を獲得したことが発端。セリフが削られ、黒木の出番が増えたことに吉高がブチ切れたのです。ところが、視聴率の好調ぶりに気を良くした吉高は、仲間由紀恵らとともに黒木を女子会に勧誘。下ネタトークで盛り上がり、一気に仲が深まったのです」

その接近ぶりは、撮影終盤には注目の的だったとか。

「撮影後には一緒に飲みに行くし、連れだってスパに行くほど裸の付き合いをしていたそうです。現場でも吉高のドSなトークに黒木が応え、漏れ聞こえる会話のいやらしさがスタッフを興奮させたといいます」(同)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。