2014年09月29日

大島優子 水中ヘアヌード写真の真相!撮影秘話が明らかに

AKB48 マウスパッド [大島優子] 新水着Ver.
6月の公演で『AKB48』を卒業した大島優子(25)が、衝撃の”水中ヘアヌード写真”を秘かに撮っていたことが明らかになった。

卒業後、初となる写真集『脱ぎやがれ!』撮影時のこと。近い将来、サプライズ公開される可能性が出てきたという。

同写真集は、大島と仲が良い写真家で映画監督の蜷川実花氏(41)がカメラマンを務めた。その表紙用写真が8月末に公開され衝撃が走った。

(以下引用)
「スペイン・イビサ島で撮影されたのですが、表紙は大島が海に腰まで浸かって立っている写真。上半身のEカップ巨乳は手ブラで隠しているだけです。問題は下半身。水面のさざ波と光の反射で、あたかもビキニをつけていないようにも見えるのです」(芸能ライター・蝦名康雄氏)

一見すると、全裸で海に入り、両手で乳房を隠しているだけの写真に見える。 → ranking

「実際はこの写真においては、下半身のみ白いビキニは着けていたようですが、大島は、あたかも全裸に見えるこのカットが表紙に使用されることを最終的にOKしたわけです。“いずれは全裸フルヌードをやる”という大島の決意表明カットとみて間違いない」(同)

そしてこの手ブラ表紙写真撮影時の仰天エピソードを極秘入手した。ノーニプレスだったというのだ。


<関連商品紹介>
【大島優子 大人のセクシーショット ⇒ 【送料無料】大島優子 君は、僕のもの
【大島優子 ベッドでセミヌード ⇒ 【送料無料】君は、誰のもの?
【大島優子 フレッシュな水着シーン⇒ 【送料無料】優子のありえない日常


「この手ブラ写真は、親しい蜷川氏と撮影していた際、イビサ島の美しい海と輝く太陽にテンションが上がった大島が、『脱いじゃおうか』と言いつつ、ビキニの上をパットごと外しちゃったのが真相のようです。ニプレスさえつけていない、まさに“乳輪ギリギリ”の手ブラだったというわけです。サービス精神旺盛な大島は、手ブラをしつつも右手の指の間を微妙に開け、乳首が見えそうにしてくれています」(アイドル誌編集者)

本誌既報通り、同写真集撮影中、大島の乳首写真を含むヌードが極秘撮影されていたとみられている。 → ranking

12年公開の映画『ヘルタースケルター』監督を務め、あの沢尻エリカ(28)を脱がした手腕を持つ蜷川氏。

「ズバリ、“水中ヘアヌード写真”です。今回、表紙に使った画像では、下にビキニを着けていますが、この時、生来の露出好きの大島は、勢いでビキニを上下とも外してしまった瞬間があったというのです。蜷川氏は、大島の“ヘア出し下半身”を海中でも何カットか撮り水面の上からも撮ったようです」(芸能関係者)

大島のアンダーヘアは、アイドル界屈指の美しさで知られている。それが海中で、海藻のように波に揺られる写真が撮られていたとすれば超レアものだ。

「裸になるのが嬉しくて仕方ない大島は、後輩アイドル達の前でスッポンポンになる楽屋ストリップの常習者でした。その際、何人もの後輩が大島の陰毛と乳首を見ているのですが、陰毛はやや薄めのサラサラ毛質で、股間部に美しい逆三角形状に生えています。乳首も、ピンクと茶色の中間のような色で乳輪も小ぶり。AKB48メンバーの間で“美しすぎる乳首”と話題になっていました」(同)

実は裏では、水中ヘアか乳首のいずれかを写真集の中で公開する案も浮上していたという。 → ranking

「露出だけでなくファンを喜ばせたり、サプライズを仕掛けるのが大好きな大島ですから、信頼する蜷川氏に撮ってもらったということもあってか、ヘアでも乳首でも公開することを“全然OK”と話していたそうです。ただ結局、水中ヘアや乳首は近い将来の“隠し球”あるいは“最終兵器”として持っておくという結論になったようです」(出版関係者)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00