2014年10月11日

前田敦子 過激濡れ場の真相!?リアル「枕営業」シーンを演じる

AKB48 【前田敦子】 2013年度版A3カレンダー
12年の8月に「AKB48」を卒業して女優へと転身後、数々のドラマや映画に出演してきたが、全く軌道に乗っていない前田敦子(23)。

そんな彼女が”最後のカケ”と噂される新作映画『さよなら歌舞伎町』は、ラブホテルを舞台にしたR−15映画。ハダカもカラミも盛りだくさんだという。 → ranking

前田は、新宿歌舞伎町ラブホテルの店長(染谷将太)の同棲相手で、ミュージシャン志望のヒロインを演じている。

(以下引用)
冒頭から2人の同棲シーンとなり、プチ倦怠期のせいか近ごろはセックスレスなのが不満のタネ。

「ねえ、しよ。して」

と甘い声で擦り寄るものの、気乗りしない彼は、やおら冗談っぽく彼女を抱きかかえ、着衣のまま前後に体を動かし、駅弁ファックのまね事をする。

さあ、これから本番へ突入かと思いきや、それでオシマイとは殺生な。やる気マンマンだった前田も「違う〜」と不満の声を上げる。


<関連商品紹介>
【前田敦子 大人な下着姿で悩殺!人気写真集 ⇒ ATSUKO
【前田敦子 ハワイで水着!キワどい内容が話題に 写真集⇒ あっちゃん
【AKB48登場!20代女性の好奇心に応える雑誌⇒ an・an (アン・アン) 2010年 8/25号 [雑誌]


「一昨年の『苦役列車』なども好評で、アイドル脱皮、女優宣言をした前田だけに、初の本格濡れ場に挑戦と思ったのに、その程度の描写ではとんだ肩透かしです。交際中の尾上松也(29)に気でも使ったんですかね」(アイドル評論家)

映画の後半には、濃厚描写となるはずの“枕営業”シーンもある。 → ranking

メジャーデビューを餌に、レコード会社幹部とおぼしき社員(大森南朋)とラブホで会うことになる前田。当然、その代償はT161センチ、B82・W60・H83の肉体。さすがに躊躇する前田。相手は「別にいいんだよ。女に不自由しているわけじゃないし」と上から目線だ。

ここで前田は覚悟を決めたかのように、静かに衣服を脱ぎ始め、下着姿に…。いよいよ今度こそと思いきや、すでに事後のシーンで、全裸をシーツに包んで、複雑な表情を見せるのみ、とは何とも残念だ。

監督は『ヴァイブレータ』の廣木隆一、脚本は『共喰い』『海を感じるとき』の荒井晴彦という性描写には定評のあるベテランなのにこの“薄口”は意外である。

「元の脚本にはヒロインのベッドシーンもあったそうですが、前田が主演に決まり、事務所の意向でこの形になったそうです。前田の代わりに、助演女優たちの脱ぎっぷりがいいので、逆に前田の脱ぎ惜しみが目立ち浮きまくっている」(映画レポーター)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00