2014年12月18日

柴咲コウ 1月ドラマ出演はタナボタだった!あの超有名女優が干される?

柴咲コウ フォトブック 「0805」 (Angel works)
現在放送中のフジテレビドラマ『信長協奏曲』でヒロインを務める女優の柴咲コウ(33)だが、来年1月からスタートするドラマ『○○(まるまる)妻』(日テレ)でも主演に抜擢された。

実はこのキャスティング、”タナボタ”だった。 → ranking

というのも、『○○妻』のスタッフは制作会社5年D組。松嶋菜々子主演で視聴率40%超えを記録した『家政婦のミタ』を制作したチーム。

本来は『ミタ』の続編を放送する予定だったが、松嶋がドタキャンを重ねた結果、別企画を提案したのがこの『○○妻』。しかし、いざクランクインという段階で、またしても松嶋が子供のお受験を理由にキャンセルしたという。

結果、我慢に我慢を重ねた日テレがついに堪忍袋の緒を切らし、内々に書類選考を重ねた上で柴咲を指名してしまった。


<関連商品紹介>
【柴咲コウ 初の撮り下ろしセクシーショット!人気フォトブック ⇒ 【送料無料】柴咲コウ フォトブック「0805」
【柴咲コウ 大人の魅力が満載の写真集! ⇒ Kou
【柴咲コウ 衝撃濡れ場が話題に! ⇒ 舞妓haaaan!!!


(以下引用)
 「渋チンで知られる日テレのドラマ制作費は一本あたり約2000万。だが、このドラマにベットするのでしょう。破格の4000万円の予算を計上した。柴咲サイドにも、高視聴率だったら来年秋に続編に出演してもらう内諾も得た。ギャラは続編の拘束料込みで220万円。日テレにしてみれば大博打です」(制作関係者)

柴咲の役どころはどんなものか。 → ranking

「夫の東山紀之が演じるのは、飛ぶ鳥を落とす売れっ子ニュースキャスターで、超わがままで新人女子アナ役の蓮佛美沙子と不倫をするなどやりたい放題。そんな夫を献身的に支えるのが、いまだ籍も入れて貰えない柴咲。回を重ねるごとに、なぜそこまで彼女が献身的に夫を支えるのかが明らかにされていく」(関係者)[引用元:週刊実話 より]

柴咲といえばプライベートでも、サッカー元日本代表の中田英寿(37)氏と熱愛の噂がある。仕事にプライベートに絶好調!

柴咲コウ黒歴史
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking


posted by スティービー at 12:00