2015年06月07日

堀北真希 オールヌードの濡れ場解禁へ

堀北真希 2015カレンダー
国民的女優として、男性誌などでは抜群の人気を誇る堀北真希(27)だが、仕事では絶不調。

主演ドラマ『まっしろ』(TBS)は3月17日で終了したが、第9話時点での平均視聴率が5.86%と大コケ。業界内でも「よく10話までもったものだ」と評判しきりだった。 → ranking

彼女は今でもその呪縛に悩まされ続けているという。女優としてこだわり続けてきた清純派路線を完全放棄し、官能派への変更を迫られており、しかも、年内中に“オールヌード初解禁”情報まで飛び交いだしてしまった。

(以下引用)
「実は、堀北自身は官能派への本格転身について最後まで抵抗し続けていたそうです。でも、女優としての幅をもっと広げないと先行きが厳しい。現状のままでは仕事がこないということを、本人がようやく理解したようです」(関係者)

堀北は、12年に放映されたNHK朝の連続テレビ小説『梅ちゃん先生』で大ブレイク。同年の『紅白歌合戦』の司会に抜擢されるなど“国民的女優”としての地位を確固たるものにした。


<関連商品紹介>
【堀北真希 網タイツにシースルー⇒【送料無料】S 堀北真希写真集
【堀北真希 17歳当時にメイサと水着共演⇒【送料無料】Missmatch
【堀北真希 15歳当時の清楚なワンピースやセーラー服⇒【送料無料】ほりきた進化論


ところが、最近の堀北は陰りが見え始めているのだ。悪夢の始まりは1月に放映されたドラマ『まっしろ』(TBS)。平均視聴率5.7%と大コケした。その悪影響からいまだ抜け出せないでいるのだ。

そんな堀北に追い打ちを掛けたのが、ドラマ『まっしろ』終了後に主演した舞台『嵐が丘』。絵に描いた様な不人気ぶりだった。

「開幕から1週間が経過したあたりからチケット販売サービスがS席1万2000円のところ、5000円値引きの7000円で販売したんです。ネットで大々的に販売したものだから多くの関係者が舞台『嵐が丘』がコケたことを理解したんです。人気女優の堀北、相手役に山本耕史を起用しての不発に関係者はかなり焦っていた」(舞台関係者)

堀北の不運はこれだけに止まらない。 → ranking

この4月に行われた最新潜在視聴率調査でも堀北はショッキングな結果を叩き出したという。

「なんと潜在視聴率が3%台だったんです。かつてのライバル・綾瀬はるか(30)は10%台、石原さとみ(28)8%台、長澤まさみ(28)7%台。NHK朝の連続ドラマ小説『まれ』でヒロインを務める土屋太鳳(20)でさえ8%台。ドラマ『まっしろ』の影響であることは間違いないでしょう」(テレビ関係者)

ドラマや映画など多くの作品でヒロインを務めてきた堀北だが、いずれは2番手、3番手…。気がつけば脇役になっている可能性も出てくるという。結果、浮上してきたのが冒頭でも囁かれる官能派へのイメチェン戦略だ。

「テーマは『リアル』です。堀北は濡れ場をやったことがないわけではない。昨年12月に放映された松本清張原作のスペシャルドラマ『霧の旗』(テレビ朝日)ではホステスを演じ、濡れ場シーンに挑んでいる。

黒い下着姿の堀北が男の上にまたがり、キスを交わすというカラミだった。確かに、堀北は可愛いが、オヤジのハートをドギマギさせ、下半身をギトギトさせるようなフェロモンがないんです。もちろん、テレビ地上波での限界もあったが、正直物足りなかった」(ドラマプロデューサー)[引用元:週刊実話 より]

色気はあまりなし?
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00