2015年06月26日

有村架純 ドラマ初主演は黒歴史に

有村架純 2014カレンダー
主演映画『ビリギャル』が大ヒットした有村架純(22)。

13年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん」で大ブレイクを果たした彼女。このまま順調に女優人生を送っていくのかと思われていたが、そう簡単にはいかなかった。

24日に放送された、有村のの地上波初主演スペシャルドラマ『永遠のぼくらsea side blue』(日本テレビ系/21時〜22時54分)の評判が散々だという。

同作は、海の近くの水族館を舞台にした、大学生7人の青春群像劇。 → ranking

AKB48・渡辺麻友主演『戦う!書店ガール』(フジテレビ系)などで知られる渡辺千穂氏によるオリジナル脚本で、キャストには窪田正孝、山崎賢人、成海璃子、東出昌大ら注目の若手俳優がズラリ。放送前から、ネット上では「出演者が豪華!」「おもしろそう」と期待値が高かった。

しかし、放送が始まってみると、視聴者から酷評が殺到。 → ranking


<関連商品紹介>
【有村架純 10代のはじける水着ショット⇒ 【2500円以上送料無料】BOMB!(ボム!) 2013年9月号【雑誌】【RCP】
【有村架純 ビキニ姿でセクシーに悩殺⇒【RCP】【Joshinはネット通販部門1位(アフターサービスランキング)日経ビジネス誌2013年版】【...
【有村架純 身も心もすべてをさらけ出す⇒有村架純/aBUTTON Vol.4 夢:有村架純(Blu?ray Disc)


(以下引用)
ほとんどが脚本への不満で、「なにこれ、ストーリー浅すぎ……」「心情の変化が、まったく描かれてない」「びっくりすぐほどペラッペラな友情」「見たことのあるようなシーンをつなぎ合わせたドラマ」「イメージビデオみたい」といった声が。また、演技派俳優として人気上昇中の窪田のファンからは、「窪田くんをムダ遣いしてんじゃねーよ!」と憤る声も見受けられる。

「青春群像劇に大切な若者の心情の変化がまったく描かれておらず、薄っぺらい物語に。カット割りばかり多く、2時間の放送時間に、あらゆる展開を詰め込みすぎた印象です。ゆえに、最後まで見た多くの視聴者が、なんとなくヌルヌルと進んでいく展開に、『結局、何が言いたかったのか……』とポカーンとしてしまった。

これでは『若手俳優が使いたかっただけ』などといわれても仕方ない。見どころといえば、妙に生々しく映っていた、有村と窪田のキスシーンくらいでしょうか」(テレビ誌記者)

長らく売れない時期が続き、ようやく地上波ドラマの主演に抜てきされた有村だが、どうやら今作は“黒歴史”となってしまいそうだ。[引用元:日刊サイゾー より]

有村はプライベートも充実
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。