2015年07月10日

浜崎あゆみ 大ブーイング!また新曲MVがマドンナを丸パクリ

again  (MINI ALBUM+DVD)
迷走を続ける歌手の浜崎あゆみ(36)が今度はマドンナを丸々パクッてしまったと話題になっている。

7日、新曲のMV(ミュージック・ビデオ)のオフショットを、自身のTwitterに投稿。そのビジュアルが、マドンナのジャケットと酷似しているという。 → ranking

同MVは、台湾のボーイズグループSpeXialとコラボした楽曲「Sayonara feat. SpeXial」。都内スタジオで撮影された同MVは、8月5日に発売される浜崎のミニアルバムに収録される。

投稿写真によれば、浜崎は胸元を露わにしたセクシーなレオタードに身を包み、ラインストーンが散りばめられた仮面を手に、ゴージャスなイスに女王様の如く鎮座。公開された数枚の写真では、それぞれ大きく股を開いたセクシャルなカットや、仮面を顔にすっぽりと装着した姿などが確認できる。

これに、ファンから「カッコいい!」「おっぱい大きい!」など称賛の声が寄せられる一方で、「マドンナのモロパクリ」「またパクってる」「これはさすがに、パクリすぎ」といった指摘も。


<関連商品紹介>【浜崎あゆみ 現在までのプライベートをナマ告白!⇒ 浜崎あゆみの秘密愛蔵版
【浜崎あゆみ 新人アイドル時代の彼氏を告白 ⇒ 浜崎あゆみ物語
【浜崎あゆみ 歌姫が抱える苦悩と栄光 ⇒ 浜崎あゆみpure stories


(以下引用)
「衣装のみならず、ポーズまでもマドンナが以前発表した写真と瓜二つ。さらに、浜崎が手にしている仮面は、マドンナのライブでバックダンサーが装着していたものとそっくりです」(芸能誌記者)

今回のMVがパクリかオマージュか、はたまたオリジナルであるかはさておき、浜崎といえば2011年に発売したミニアルバム『FIVE』(avex trax)のジャケットが、マドンナが1986年に発表したアルバム『True Blue』(Sire Records)と酷似していると話題になったことも。 → ranking

ほかにも、デビュー当時からジェニファー・ロペス、セリーヌ・ディオン、クリスティーナ・ミリアンなど、海外の人気アーティストと酷似した演出が多数見受けられ、それは衣装、ライブパフォーマンス、CDのジャケ写まで幅広い。

「数々の“マドンナ・パクリ疑惑”が浮上してきた浜崎ですが、最近のライブやMVで、ボンデージ風のボディスーツや、男性ダンサーとの性行為を思わせる振付けなどを多く取り入れているのも、近年のマドンナを意識したものだともっぱら。
しかし、浜崎は典型的な日本人体型。身長は非公表ながら、昔、ミニモニ。と共演した際に『私もミニモニ。に入れる』という旨の発言があったことなどから150センチ前後といわれており、ボンデージを着るとどうしても頭身の足りなさが目立ってしまう。そのため、ネット上でも『あゆは、ふんわりした衣装のほうが似合う』『無理しないで!』との声が見受けられます」(同)

古参ファンからも、その過剰な“西洋コンプレックス”が指摘されている彼女。人気低迷からは抜け出せそうにない!?

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00