2015年09月02日

矢口真里「事務所も迷走」発言に幹部激怒

矢口真里写真集「OFF」
愛人の梅田賢三(27)との寝室不倫を夫の中村昌也(28)に目撃され、三つ巴の修羅場に発展。当然のように離婚に発展し、約1年の謹慎生活ののち、昨年10月に『ミヤネ屋』でテレビ復帰を果たした矢口真里(32)。

だが最近、事務所幹部の怒りを買ってしまっている彼女。その原因となったのは、8月7日に行われた、パチンコ『CR花の慶次』シリーズのPRイベントで発した、このコメントだという。 → ranking

「どうやら、全員で迷走しているみたいです。私を含めてアップフロントグループ全体が…」

これはこの日、矢口が着ていた赤のロリータ・ファッションに対する、記者からの質問を受けてのものだが、所属事務所を「迷走」扱いしたのだから、幹部の怒りも当然。


<関連商品紹介>
【矢口真里 撮りおろし&秘蔵PHOTO⇒【送料無料】おいら [ 矢口真里 ]
【矢口真里 20歳当時のセクシー写真⇒【送料無料】ラブハロ! [ 熊谷貫 ]
【矢口真里 下着姿とハイレグ水着⇒【送料無料】Off [ 橋本雅司 ]


勝手に不倫愛に溺れ、仕事をキャンセルして、各方面に迷惑をかけたばかりか、事務所にも多大な損失を与えた矢口をずっと守ってきた。なんとかタレント活動再開へと道筋をつけ、現在も、面倒を見ている。それを“迷走”と言ってしまったのだから、事務所もいい加減、堪忍袋の緒がキレたようだ。

(以下引用)
事務所の対応は早く、この発言の直後には、今後の矢口の扱いについての再検討が行われたとか。

「復帰にあたり、裸の仕事のオファーが山のように来ていましたが、矢口の意をくんで、事務所はこれを全て断ってきたようです。しかし、そうした“親心”ももう不要だろうと、今後は積極的に、出演交渉のテーブルにつくことになりそうですね」(前出・大手芸能プロ関係者)

事務所が出演を受諾すれば、矢口はNOとは言えないと、夕刊紙記者は語る。 → ranking

「事務所を辞めた加護亜依の活動状況を見れば、大手プロとの関わりも深い現事務所を離れては、まともなタレント活動などできないことは明白ですからね」

仮に裸の出演を固辞すれば、待っているのは仕事を干されての飼い殺し。矢口には“脱ぐ”しか選択肢はなさそうだ。

「現実味があるのは、コミック原作の不倫を題材にした映像作品。脱ぐとなかなかエロいともいわれているだけに、大きな話題になるでしょうね」(同)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00