2015年11月18日

堀北真希のナゾに包まれた結婚生活

堀北真希 2015カレンダー
交際わずか2カ月で、俳優・山本耕史(38)と電撃婚を発表した女優・堀北真希(27)だが、新婚生活はどうなっているのかナゾに包まれている。

多くの芸能メディアがそんな「2人の今」を掴もうと取材攻勢をかけている模様だが、「まったく見えてこない」のが現状のようだ。 → ranking

11月10日発売の週刊女性(主婦と生活社)も、『聞こえてきた新妻・堀北真希と交際0日後の新婚生活 「キッチンは俺が!」山本耕史のスゴ〜イこだわり』と題する記事を掲載。が、残念なことに内容はスカスカ。

要約すれば、「実は料理好きだという堀北。しかし、夫の山本はもっと料理好きで、キッチンに立つのも山本のほうが多い」と、それだけの記事であった。


<関連商品紹介>
【堀北真希 網タイツにシースルー⇒【送料無料】S 堀北真希写真集
【堀北真希 17歳当時にメイサと水着共演⇒【送料無料】Missmatch
【堀北真希 15歳当時の清楚なワンピースやセーラー服⇒【送料無料】ほりきた進化論


(以下引用)
「架空の夫婦を追いかけているような感じ」

しかし、芸能記者の1人は、「記事が薄くなるのも、ある意味、仕方ないなって思いますね」と語り、その理由として、堀北・山本夫婦の特異性をあげた。 → ranking

「私も2人のことを取材したことがありますが、不思議なくらい“生活実態”とか“現実味”が感じられないんです。新婚夫婦ならではの“幸せ感”みたいなものも全然、伝わってこない。まるで架空の夫婦を追いかけているような感じなんです」

さらに、別の芸能記者は、2人の結婚について、当初から「違和感」を覚えていたと語る。

「“交際0日で結婚”とか“60通のラブレターを送った”とか、結婚当初から、いかにも話題になりそうな山本の言葉だけがメディアを賑わせましたが、堀北の本音がまったく見えてこなかった。そもそも“交際0日”で結婚とか、どう考えても不自然じゃないですか。

もともと、アスペルガー症候群じゃないかと噂されるほど人見知りで、友達もほとんどいないといわれる堀北が、こんなにもあっけなく結婚してしまうなんて、どうも妙です。そこが大きな謎でした。もしかしたら山本も知らない、特別な事情があったのかもしれません」

山本の語る恋愛ストーリーが話題となり、発表当初は大きな話題となった今回の結婚。週刊誌に、山本が家で料理作りを楽しんでいるような記事が載ると、あたかも幸福な家庭のように思える。しかし、そこには妻である堀北の姿が見えてこないのである。[引用元:デイリーニュース より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00