2015年11月27日

ハセキョーがおばさんに・・・「オーラなさすぎ」の声

KYOKO‐WIND京風―長谷川京子写真集
2000年の女優デビュー以来、雑誌やドラマに数多く登場し、清楚な雰囲気で人気を博してきたハセキョーこと長谷川京子(37)。

09年には第一子を出産し、私生活では順風満帆だが、女優といえども家庭に入るとフケてしまうのか。今月19日に自身のインスタグラムに“散歩ファッション”姿を投稿したハセキョー。

ほぼノーメイクでメガネをかけた姿には、「ハセキョーだって言われなきゃ、絶対わからない」「オーラなさすぎ」など、ファンですら驚きを隠せないほどのオーラのなさが話題となっている。 → ranking

(以下引用)
「長谷川は現在、37歳で2人の子持ちですが、インスタにアップされた画像を見る限り、もはや普通の主婦にしか見えません。ネット上では、遠慮なく『おばさん』と書き込んでいる人もいますが、そう言われても仕方がないほど、すっかり輝きを失ってしまっています。


<関連商品紹介>
【長谷川京子 過激濡れ場が話題に⇒【送料無料】終戦記念特別ドラマ ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録::最後のナイチンゲー...
【長谷川京子 デビュー当時のセクシーショット⇒【送料無料】key of life長谷川京子photobook
【長谷川京子 下着姿で男を挑発⇒【送料無料】七夜待 [ 長谷川京子 ]


以前からエラと顎の整形疑惑が絶えない長谷川ですが、ここ最近の急激な劣化は、整形の影響ではないかとささやかれています。ファッション雑誌『CanCam』(小学館)の専属モデル時代は絶大な人気を誇り、“ハセキョー現象”と呼ばれる社会現象まで巻き起こしたのは、整形でアカ抜けたからだという声もありますが、それが今では劣化の原因になっているとなると、皮肉を感じざるを得ません」(芸能関係者)

2008年に結婚したロックバンド・ポルノグラフィティの新藤晴一との不仲説がたびたび流れる長谷川だが、精神的なストレスがオーラを奪い去っている原因だと指摘する人も少なくない。 → ranking

「新藤と結婚し、第1子出産後は仕事をセーブしていた長谷川ですが、12年に第2子の出産を終えた後、本格的に仕事復帰しました。結婚してから仕事をセーブしていた女優やタレントが、離婚を見越して仕事復帰するパターンは多々見受けられますから、長谷川もそのパターンではないかとウワサされているようです。

ただ、04年には10社11商品のCMに出演し、CM女王の名を欲しいままにしていた彼女も、今ではそれほどの需要はありません。仮に離婚したとしても、生活が安定するかどうかは微妙なところでしょう。浮き沈みの激しさは芸能界特有の怖さともいえますが、“ハセキョー現象”の頃とのギャップに一番驚いているのは、本人でしょうね」(同)

長谷川と同じく、かつて「CanCam」の専属モデルを務め、CM女王と呼ばれた時期もあった藤原紀香も、今では片岡愛之助との恋愛騒動ばかりが注目される“ワイドショー女優”となってしまった。先輩2人の凋落ぶりを見るにつけ、現在CM女王の座に君臨する上戸彩は、決して人ごとではないと身を引き締める思いになるのではないだろうか?[引用元:日刊サイゾー より] → ranking

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00