2016年05月11日

長澤まさみ 新作映画でフルヌード!激しい濡れ場も

東宝カレンダー 2016カレンダー
女優の長澤まさみ(28)が、大きな転機を迎えている。

ビートたけしが審査委員長を務める映画祭で、助演女優賞に選ばれた長澤にたけしが、『アダルトビデオを撮りたいね』と振ったら、『面白ければ全然、大丈夫』などと答えていた彼女。

以前では考えられないことだが、やはり私生活での転機が大きい。

俳優・伊勢谷友介(39)とモデルでタレントの森星(24)の半同棲が写真誌で報じられ大騒ぎとなったが、同時に明らかになったのは、伊勢谷と女優の長澤まさみ(28)が破局していた事実だった。 → ranking

(以下引用)
「2人の交際は’13年3月に発覚。すでに同棲状態でした。ところが、伊勢谷の過去の恋人に対する“DV疑惑”が一部週刊誌で報じられると、厳格な人柄で知られる長澤の父親、和明氏(ジュビロ磐田初代監督)は交際に猛反対。長澤の事務所もなんとか別れさせたくて、破局情報を流して外堀から埋めようとしましたが、頑として別れなかったようです」(芸能リポーター)


<関連商品紹介>
【長澤まさみ 19歳から21歳まで大胆セクシーショット⇒ 長澤まさみsmart
【長澤まさみ 16の夏の鮮烈ラスト水着写真集。⇒Summertime blue
【長澤まさみ 彼女のプライベート、水着姿…⇒Me


気になる破局の原因だが、

「アラサーの長澤が結婚を迫るも、伊勢谷にはその気がサラサラなかったということです。同時に、伊勢谷は自分が結婚に不向きな恋愛体質だと分かっている。若いピチピチの森星に乗り換えたのが真相です」(同)

現在はフリーの長澤。とくれば、当然“脱がせ屋”たちが黙ってはいない。推定Fカップといわれる美巨乳を巡って争奪戦が繰り広げられているというのだ。

「可能性が高いのは映画でのフルヌードと、それに連動した写真集の発売です。三十路直前ということも交渉の後押しとなっているよう。現在、彼女は、岡田准一主演の映画『追憶』を撮影中です。年内はNHK大河ドラマ出演で露出NGの縛りがあるが、この映画は来年公開。それだけに、周囲も驚くような激しい濡れ場シーンが盛り込まれているのではないかと言われているんです」(映画関係者)

そもそも、デビュー以来、清純派として売ってきた長澤だが、その男性遍歴は意外にも賑やかだ。 → ranking

「とにかく交際すると男にのめり込んでしまう。伊勢谷はドS気質で、公の場に出るときに肌の露出が多い衣装はNGで長澤はそれに従っていた。ところが、伊勢谷と破局した後は、タガが外れたかのように、今年の『日本アカデミー賞』のような大胆に肌を露出した衣装を着るようになったのです」(芸能ライター)

実は、長澤は究極のドM女優という声もある。

「長澤を女優開眼させた『モテキ』の大根仁監督が授賞式やパーティーの際に“エロいドレスを着てこい!”とメールすると、本人は背中がぱっくり割れたドレスやピンクの超ミニスカドレスなどを喜んで着て来るんです。つまり、脱げと言われたら脱ぐ女優。根っからの見せたがりなんです」(前出・映画関係者)[引用元:週刊実話 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00