2016年07月06日

米倉涼子「ドクターX」に大ブーイング!たけし&橋本マナミのキスが「キモイ」

ナサケの女 ~国税局査察官~ (米倉涼子 出演) [DVD]
1年7カ月ぶりに復活したテレビ朝日系人気シリーズのドラマ『ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 スペシャル』が3日に放送されたが、その内容に賛否の声が浮上している。

平均視聴率22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率を記録したが…。 → ranking

今作も中園ミホが脚本を手掛け、主演の米倉涼子をはじめ、内田有紀、岸部一徳、遠藤憲一、勝村政信、西田敏行といったレギュラー陣が勢ぞろい。さらに今回は、ビートたけしが主人公の敵役を演じたほか、生瀬勝久、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、岸本加世子、橋本マナミらも加わった。瞬間最高視聴率はラストシーンで、25.8%だった。

10月期には、第4シリーズとなる連ドラの放送を控えている“大門シリーズ”。今回のスペシャルの成功は、いい景気づけとなったかと思いきや、ネット上では酷評コメントがずらり……。


<関連商品紹介>
【米倉涼子 衝撃ショット連発の話題作 ⇒Digi+girls(no 2)
【米倉涼子 プライベートを語る⇒別冊テレビステーション関西 1/2号米倉涼子【中古】美品
【米倉涼子 自ら下着になる体当たり演技⇒【送料無料】交渉人the movie


(以下引用)
「視聴者からは、『脚本が間延びしていた』という声が目立つ。今回は、2時間超の長丁場でしたが、『1時間で十分な内容だった』という意見も。また、たけしと橋本の長いキスシーンに批判が殺到。なんの前触れもなく、たけしのキスシーンがテレビで大写しになった瞬間、多くの視聴者がドン引きしてしまった」(テレビ誌記者)

今回、オープニングでは岸本と、エンディングでは橋本とキスシーンを演じたたけしだが、その生々しい絵面に、ネット上では「たけしの長いキスシーンが不愉快」「あのキスシーンはいらない。せっかくの大門シリーズが台無し」「おっさんと、おばさんのチューなんて、誰も見たくない」といった声が相次いでいる。 → ranking

「視聴者の期待度が高く、今回のスペシャルには肩を落としたドラマファンも多かった様子。制作サイドは、ドラマの話題作りとして、超大物であるたけしのキスシーンを投入したようですが、視聴者からしたらただ気持ち悪いだけ。また、演技派が揃うレギュラー俳優陣の中で、橋本や伊野尾の演技が終始浮いており、今回は脚本・キャスティングともに大失敗といえそう」(同)

数字的には成功を収めたものの、視聴者をドン引きさせてしまった今回のスペシャル。秋に始まる新シリーズでも、ファンをがっかりさせなければいいが……。[引用元:日刊大衆 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00