2016年07月31日

北川景子 ドラマ好調で連日飲み歩き

【Amazon.co.jp限定カバー版】 「北川景子 1st写真集 『27』 Limited Edition Cover」
初の連ドラ主演となった『家を売るオンナ』(日本テレビ)が、初回視聴率12.4%と好調なスタートを切った北川景子(29)。

DAIGO(38)との結婚後、仕事も絶好調の北川。

他のドラマが2ケタ割れ発進で苦戦している中、「主演の役者はヒットしなかったときに、一番責任を感じるポジション」と、発言している彼女だけに、ほっとしているとも。

事実、今回の撮影現場ではかつてないほどの張り切りぶりだとか。

(以下引用)
炎天下での過酷なロケにも泣き言ひとつ漏らさず、共演者はもちろん裏方にも明るく接しているそうだ。


<関連商品紹介>
【北川景子 セクシーなお色気満載! ⇒Dear friends
【北川景子 素顔とプレミアム・ショットが満載 ⇒美少女戦士セーラームーンビジュアル・ブック
【北川景子 女優メイクの秘密が明らかに ⇒ 女優メイク


「実は彼女、“超”がつくくらいの人見知りなんです。4年前のドラマ『悪夢ちゃん』(日本テレビ系)では、セリフ以外で声を聞けなかったくらいでしたから。それが今回は人が変わったように声をかけてくるもんだから驚きですよ。そういえばDAIGOさんも、現場では誰に対しても変わらぬ態度で接してくれますね。結婚して似てきたのかも」(現場スタッフ)

まさに、公私ともに順風満帆な北川だが、唯一、現場スタッフが心配していることがあるという。

アノとは、なんなのか。現場スタッフがこう続ける。「反省会と称したロケ後の飲み会にも、北川さんはよく顔を出してくれるのですが、飲み始めると止まらなくなって、ついつい飲み過ぎちゃうんですよ」

北川といえば、酒席の酔った勢いで共演していたお笑い芸人の塚地武雅に“この豚野郎”と言い放ったなんて話もあるほど、酒に飲まれるタイプ。

「聞けば、下戸のダンナに気を使って、結婚してからはずっとお酒をセーブしていたらしいんですが、“ドラマが入って、堂々と飲み歩けるようになった!”なんて本音を漏らしていました。でも、彼女、そんなにお酒が強いほうではないから、翌日の撮影に響かないか、逆にこっちが気を遣っちゃいますよ」(前同)

なんでも北川の口から敬語が出なくなったら、要注意タイムなんだとか。「そうなるとすぐに事務所の人が、“ちょっと飲みすぎちゃったみたいで、すいません”と、お店から連れ出してくれるので、大事には至っていませんがね。最近は、共演しているイモトアヤコ(30)さんや千葉雄大(27)さんらを率いて、関係者抜きの焼き肉会を開いたなんて話もあって、飲み過ぎて撮影に支障が出ないか心配しています」(同)

一方で、ダンナのほうも、レギュラー出演中のドラマ『営業部長 吉良奈津子』(フジテレビ系)が撮影のピークを迎えており、新妻の夜遊びを知ってか知らずか野放し状態とか。[引用元:日刊大衆 より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking
posted by スティービー at 12:00