2016年08月21日

キム・ヨナの整形手術がひどい!?日本の芸能界進出へ

キム・ヨナ クリアファイル
2010年のバンクーバー五輪で金メダルを獲得、2014年のソチ五輪で銀メダルを獲得するなど、韓国が誇る元フィギュアスケート選手であるキム・ヨナ(25)。

バンクーバーで浅田に勝ったことで一躍、国民的なヒロインとなったが、そんな彼女にある異変が起きているという。 → ranking

キム・ヨナは、金メダルを獲得したバンクーバー五輪のあと、実力がピークのときに引退し、韓国芸能界に進出する予定だった。ところが一転、ソチ五輪にも出場することに。

彼女にはバンクーバー五輪出場のころから多くのスポンサーがついていたから、金メダルで欲に目がくらんだともっぱら。一部週刊誌の報道では、父親が投資に手を出し、8億円の借金を作った。これによって彼女は、お金のために現役続行を決意したと。

(以下引用)
そして、ソチ五輪出場後にキム・ヨナは、公言通り競技生活に終止符を打った。その彼女が最近は“絶世の韓国美女”として、インターネットを中心に再び脚光を集めているという。


<関連商品紹介>
【キム・ヨナ 日本人が知らない仰天プライベート⇒【送料無料】キム・ヨナ [ キム・ヨナ ]
【キム・ヨナ 金メダルが取れた黒い理由⇒【送料無料】フィギュアスケート疑惑の高得点 [ 猫宮黒埜 ]
【キム・ヨナ 「バンクーバーの勝者はすでに決まっていた」⇒【送料無料】浅田真央はメイクを変え、キム・ヨナは電卓をたたく [ 生島淳 ]


「目は西洋人形のように大きく、鼻はスッキリして高い。アゴもとてもシャープになって、美女に変身したのです。韓国は美容整形大国なので、引退後に一気にメスを入れたのだと思います」(韓国系ライター)

選手時代のキム・ヨナには、次のような話がある。

「反日感情の強い韓国ですが、浅田にはキム・ヨナを超えるほどの人数のファンがいました。いつまでも子供っぽい風貌で人気だった浅田に対し、キム・ヨナは目付きが鋭く、威張ったような顔つきが目立っていたため、現役を引退するまで、人気では浅田には勝てなかったのです」(女性誌記者) → ranking

つまり、キム・ヨナは競技では浅田に勝っても、アイドル要素では負けていた自分の顔に、ずっとコンプレックスを持っていたということだ。それにしてもキム・ヨナはなぜ、変身を遂げた顔をアピールし始めたのだろうか。

「キム・ヨナは日本の芸能界入りを狙っているのです。もともと引退後は、韓国で芸能活動をする予定でした。しかし、韓国の芸能界は日本の1/10しかギャラがなく、彼女も例外ではないのです。まだ残っているとも噂される父親の借金を返済するためにも、何としてでも日本に進出して女優をやりたいはずです。今回の変身は、日本へのアピールです」(同)[引用元:まいじつ より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00