2016年10月05日

島崎遥香が映画館でブチ切れた!

A3 ラミネートポスター AKB48 [島崎遥香] 09931
「AKB48」のぱるること島崎遥香(22)が、映画館で悪質なマナー違反のグループに遭遇してブチギレてしまったことを、4日に放送された文化放送のラジオ番組『島崎遥香のぱるラジ!』で本人が激白した。 → ranking

この日、島崎の観た映画をチェックしているというファンの声が番組に寄せられた。

その流れから、『怒り』を9月17日の公開初日から数日後に観に行ったという話題に。劇場内はレイトショーにもかかわらず多くの客で埋め尽くされていたが、「後ろの人がですね、映画のマナーがものすごく悪くて……」。

「愚痴になってしまうんですけど」と前置きし、嘆息を漏らしながら一連の出来事を語りはじめた。


<関連商品紹介>
【島崎遥香 Dカップ水着カット公開⇒【送料無料】ぱるる、困る。 [ 中山雅文 ]
【島崎遥香 未公開セクシーショット⇒【送料無料】FREECELL特別号(24)
【島崎遥香 自身の将来について赤裸々告白⇒【送料無料】BIG ONE GIRLS(no.016)


(以下引用)
島崎の後ろに座っていたのは、「私よりも年上の。でも、”もろゆとり”だなっていうような」グループ。
上映中に自分の座席に足を掛けられていることに気づき、後ろを振り向くと下ろしたが、その後も私語をするなどの迷惑行為は続いた。

「こんなにすばらしい作品」と感じていたからこそ「本当に私の心は”怒り”」でいっぱいだった。

至福の一時を阻害され、「その時は映画館で叫ぶんじゃないかというくらい怒りがおさまらなくて」と興奮状態だった島崎。

エンドロールでグループが帰ろうとしたため、「他の人に迷惑だろうな」と思いながらも、マナー違反を彼らに直接訴えた。 → ranking

しかし、「言ってもそういう人には分からないんですよ」。

苦い記憶を話し終えると、「これを聴いている方はそういうことを絶対にしないと思うんですけど」と一言添えた上で、「映画のマナーはちゃんとしてほしいなとあらためて思いました」と理解を求める。

そして、同作を「本当に本当に良くて。なんて言ったらいいんだろう。こんなに言葉で伝えられないような感情というか」と褒め、「その時に単純に思ったのは、映画館を貸し切って一人で観たい。誰にも邪魔されたくない。本当にひとりで集中して、本当に純粋な気持ちで観たいと思えた作品でした」と説明する。

この話題を締めくくりながら、「私の怒りでした。すみません。はい、ごめんなさい」と詫びた島崎。
集中して作品と向き合うため、後日あらためて劇場に足を運ぶという。[引用元:Infoseekニュース より]

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 21:00