2017年01月16日

西内まりや ショック!ドラマ大コケで「月9枠」消滅へ

まりやまにあ
月9といえば、1987年から本格的にスタートし、『東京ラブストーリー』などのトレンディードラマや松嶋菜々子主演の『やまとなでしこ』、木村拓哉主演の『HERO』などで高視聴率を記録した。

まさにテレビ史に残る伝説的なドラマ枠だったが、2014年の『極悪がんぼ』(尾野真千子主演)が全話平均視聴率で10%を割ってからは急降下。昨年春の福山雅治主演の『ラヴソング』で挽回すると期待されまたが、全話平均8.43%という結果に終わってしまった。 → ranking

そんな凋落が止まらないフジテレビの“月9ドラマ”。1月から放送開始の西内まりや(23)が主演する『突然ですが、明日結婚します』も大爆死が予想され、ついに、“月9”枠自体の3月いっぱいでの打ち切り情報が流れ始めている。


<関連商品紹介>
【西内まりや 26種類のセクシーコスプレ⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】LOVE EVOLUTION [ 西内まりや ]
【西内まりや 大人のセクシーショット⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】まりやまにあ [ 西内まりや ]
【西内まりや キュートな衣装で誘惑⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】SEVENTEEN (セブンティーン) 2013年 02月号 [雑誌]


(以下引用)
さらに、10月から放送された山田涼介(Hey!Say!JUMP)と桐谷健太が共演の『カインとアベル』も、全話平均8.2%と惨憺たる数字だった。

「フジは『カインとアベル』がスタートする前、1月期での月9挽回を狙い、竹野内豊を口説いていた。しかし、竹野内サイドが企画や脚本が面白くないという理由で断ったんです。本音は、福山のように“負の連鎖”に巻き込まれたくないということですよ」(フジ関係者) → ranking

これにより、「竹野内が主演なら」という条件で出演を内諾していた瑛太も固辞。スタッフは完全に戦意喪失状態に陥ったという。

「結局、竹野内に代わって西内が主演を務めることになったのですが、実績を見る限りヒットする材料が見つからない。西内は一昨年、いきなりTBSのドラマ『ホテルコンシェルジュ』で初主演を務めましたが、全話平均7.9%と最悪でした」(前出・ドラマ関係者)

さらに、昨年10月に公開された初主演映画『CUTIE HONEY−TEARS−』も大惨敗している。

「公開2週目で、すでにどこで上映しているか見つからないほど客が入らなかった。その西内が10%以上の視聴率を稼げるとはとても思えない。そのため、『突然ですが、明日結婚します』を最後に、月9枠の撤廃まで囁かれているんです」(同)[引用元:週刊実話 より]

でも露出が少ない…
画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:00