2017年04月27日

佐々木希 デビュー当時は事務所に不信感…「秋田に帰りたかった」

佐々木希 in 「天使の恋」
今年4月、お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建(44)と結婚したタレントの佐々木希(29)。

26日深夜に放送された日本テレビ系音楽バラエティ番組『チカラウタ』の1時間スペシャルに出演した際、デビュー当時の葛藤を告白した。 → ranking

(以下引用)
2006年に『週刊ヤングジャンプ』の「ギャルコングランプリ」でグランプリを獲得したことがきっかけで芸能界入りした彼女。地元・秋田でショップ店員として働いていた最中に同誌の人に声をかけられたそうで、「怖かったのでお断りしたんですけど、同誌の人が店長にお願いしに行って、店長が『どうぞ』と。店長がいなかったら、今芸能界にいない」と話した。


<関連商品紹介>
【佐々木希 マル秘セクシーショット満載 ⇒ 【予約】 佐々木希 Non
【佐々木希 大人のコスプレ… ⇒ Dolly / 佐々木希
【佐々木希 美少女グランプリに輝いたデビュー当時 ⇒ Nozomi
芸能界にまったく興味がなかったが、母親が「そんなチャンスはないし、さみしいしつらいけど行きなさい」と背中を押してくれ、18歳で上京。

デビュー当時はスケジュールは真っ白で、時間だけが過ぎていく日々に苛立っていたそうで、「同世代の子は仕事があるのに自分は何で真っ白なんだろうとか思ってたら、事務所が仕事を入れてくれないのかなとか変に疑ってしまっていた」と振り返った。

秋田に帰りたいと思ったことも「何度もあった」と打ち明け、「当時はきつかったですね」と回顧。

そんなときに支えてくれた”チカラウタ”が絢香の「I believe」で、「つらいときに自分を強く持って頑張ろうと思えた曲。流されずに自分の意志を強く持っていないとダメだなと思った」と語った。[引用元:マイナビ より] → ranking

posted by スティービー at 12:04