2018年04月03日

広瀬すず 人気ガタ落ち!日テレは出禁へ

広瀬すず 2017年 カレンダー 壁掛け B2 CL-152
「10代最後の主演連ドラ」は、壮絶な爆死となった。

3月21日に放送された広瀬すず主演のドラマ『anone』最終回の平均視聴率は5.6%となり、全話平均6.1%で終わった。

この結果に関係者はガックリ。まさかの全話1ケタ台で、日テレの「水曜ドラマ」枠では、13年に竹内結子が主演した『ダンダリン 労働基準監督官』の全話平均7.5%を下回るワースト記録、大惨敗となった。 → ranking

担当プロデューサーは更迭が決定。広瀬すず自身にとっても”黒歴史”として残ることになってしまった。日テレ上層部もこの数字には大激怒しており、「広瀬は使うな」の指令が出ているという。


<関連商品紹介>
【広瀬すず 15歳にしてこの色気!⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】Suzu [ 藤本和典 ]
【広瀬アリス お姉ちゃんも美人⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】【楽天限定特典付き】広瀬アリス写真集「ALICE」 [ エヌ...
【広瀬すず ラブホ騒動の一部始終⇒【楽天ブックスならいつでも送料無料】CIRCUS MAX (サーカス・マックス) 2014年 08月号 [雑誌]


(以下引用)
広瀬といえば、ヒロインを務めた昨年10月公開の映画『先生!、、、好きになってもいいですか?』も大コケ。また、3月29日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が発表した「女優好感度ランキング」の「嫌いな女優ランキング」では、泉ピン子に続く2位に選ばれているなど、ここにきて人気の急落が目につく。

「失速は、CMでの露出過多が原因でしょう。昨年の『タレントCM起用社数ランキング』(ニホンモニター調べ)では、14社と契約。そのせいか、まったく新鮮味がなく、視聴者も見飽きてしまっていて感情移入しにくい。

この状況に慌てているのはNHKです。2019年の朝ドラ『夏空−なつぞら−』での主演が決まっており、記念すべき100作目となる本作は絶対にコケるわけにいかない。NHK内では『今からでも、誰か呼んでWヒロインにできないか』という声が漏れてきています」(業界関係者)

とはいえ、人気回復のためにCMを減らせば、ますます人気凋落というイメージもつきかねないだけに、広瀬としては八方ふさがりだろう。[引用元:日刊サイゾー] → ranking

画像1⇒ geinoranking
画像2⇒ gazouranking
画像3⇒ geinoranking

posted by スティービー at 12:04